スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題#23の答え と 仮免ゲットだぜ!!! と ハイパー偶数の説明('-')





自動車教習の仮免試験に合格することができました!
今までなかなか運転がはかどらずに教習時間を浪費してたので、
今回も一回は落ちると思ってたんですが、
特技の緊張したときにパワー倍増を使って、
奇跡的に一回で乗り切ることができました。

前日に徹夜でひよすけくんとかーにっくでゲームしてたせいで
筆記の勉強をほとんどできず、実技が通っても
次の筆記が特に危ないと思ってました。
しかし、幸運なことに実技が一番手だったおかげで
後の人の実技の間、筆記が始まるまでの間に一時間ぐらい
勉強ができたのが大きかったです、ラッキーだたなぁ。

と、オセロの大会で勝ったあとの振り返りみたいな感じで
書いてしまいましたが、自動車の仮免を取ったぐらいで
こんだけ喜ぶ僕っていったい…


さて、昨日の問題の答えですが、
正解は白H3です!

白H3と白H8の比較になると思うんですが、
一見時間がないと手拍子で取ってしまいそうな白H8には、
H3という絶妙な返しがあります。
H3→白H1と進行することで、右上がハイパー偶数になりそうな気配です。(下図) さらに…

\ABCDEFGH
1●++○○●+◇
2●○○○●●+○
3●○●●○●●○
4●○●●●●●○
5●●○○●●○○
6●●●○○○○○
7●●●●○●++
8●○○○○○○○

次の黒の一手はどこでしょうか?

正解は、黒G7!です。
\ABCDEFGH
1●++○○●+○
2●○○○●●+○
3●○●●○●●○
4●○●●●●●○
5●●○○●●●○
6●●●○○●●○
7●●●●○●◆+
8●○○○○○○○


以下、白H7→黒B1C1の連打で、黒2石勝ちの局面です。


一方、正解の白h3の場合は…
\ABCDEFGH
1●++○○●++
2●○○○●●+●
3●○●●○○○●
4●○●●●●○●
5●●○○●●○●
6●●●○○○●●
7●●●●○●+◆
8●○●●●●●+


偶数理論通りに打つことで2石勝ちできます。
(白H8→黒G2→白G1→黒B1→白H1→黒G7→白C1で白2石勝ち)

*******************************

さて、ここでちょっとよりみちして、
コメントにあったハイパー偶数について、この局面を利用して
説明させて頂きたいと思います('-')

まず、こしあんさんに書いてもらった文章の説明を使わせて
頂きます(東大オセロサークルの会誌なんですね~)

ハイパー偶数は、

『黒から打てない偶数』

を作っておくということです。黒でかこまれた2マスなどが簡単な例ですね。自分(黒)からは入れません。
ではその2マス以外が埋まったとします。最後2マスですが、ここで試合途中に何も起こっていなければ、59手目、つまり奇数番なので黒の番であり、この2マスは『黒→白』という流れになるのですが・・・『黒から打てない』という条件があるので、ここは黒がパスになり、『白→黒』という流れになります。このようにして黒が残り2マスの最後に打てる手法のことを「ハイパー偶数」と呼ぶのです。 


これを、さっきの盤面を利用して確認してみてみましょう。
正解手順の白G1のときに、間違って白G7に打ってしまった場合、
下図のような局面になります。

\ABCDEFGH
1●++○○●++
2●○○○●●●●
3●○●●○●●●
4●○●●●●●●
5●●○○●●●●
6●●●○○○●●
7●●●●○○◇●
8●○○○○○○○


次に黒がB1と打つと、白はC1に入らざるをえません
(他の手では黒に石をたくさん取れるので損です)
すると、以下の盤面になります。

\ABCDEFGH
1●●◇○○●++
2●●○○●●●●
3●●○●○●●●
4●●○●●●●●
5●●○○●●●●
6●●●○○○●●
7●●●●○○○●
8●○○○○○○○


黒はG1にもH1にも打てないので、パスになって白番になります。
すると、本来白→黒と打つはずが、この右上の
黒から入れない二個空き(ハイパー偶数!)によって、
黒→白と打って終局することになりますよね。
('-')
このように白→黒の順番で打たせることで黒が石を最後に
稼げることがありまして、この局面はそのおかげで
黒が32石、引き分けですね('-')
(この手順を避けるために、白はG7ではなくG1だったのです!)


つまり、ハイパー偶数は、黒から打てない(つまり黒で囲まれた)
偶数空きを作って、黒がパスすることで白から打たせる
→最後に黒が打つことで、石をたくさん取る手筋 
のことだと覚えてもらえれば良いかと思われます、
黒のときは終盤で意識してみてください~('-')

*******************************

今回の盤面の教訓は、時間がないときでも、冷静に
偶数理論の穴を埋めるような手を打という ということでした。

長かったうえに、途中で一回記事が消えたので、今日はかなりの
達成感を得ることができました…笑
ではでは~。

>ビーバーさん
是非、見学にいらっしゃってください~('-')
こちらの方で日程とか調整いたしますので、
お暇なときがあれば是非僕までご一報を~♪(surippa@hd.lomo.jp)
サークルが無理でも、初めて大会に行くのが不安な場合は、
ご案内いたします。

>こしあんさん
はいぱーぐうすうの説明ありがとうございます!
僕の手間も省けてルンルン♪です。
東大には、そういうのが代々伝わる解説書みたいなものが
存在するということでしょうか…(・e.・)
逆偶数は、また典型的な盤面が出てきたときに。

>初心者です さん
ご質問ありがとうございます、こういうのは大歓迎ですので
みなさんも分からないことがあればどんどん
聞いてくださいね~ (答える人がちょっと頼りないですが…






これはすごいです、デジタル制作物(デジタル写真など)を
販売できるサイトみたいです。
何かPCで作ってる方や、写真が趣味の方は是非覗いてみては~。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どっかですりっぱさん見て思ったこと。

5回昇級段(実質6)してるけど。σ(・・。は昇級段した年は何もないな・・・ほぼちょうど前後1年になると転校・リスカに目覚める・家出をする・出会う・別れる・・・いろいろ思い当たるけど。別のことしてると、オセロに目が向かなくなるせいかな・・・。そろそろリアルオセロも1年休になるな・・・、そういえば1年前課長にケンカ売って会社辞めたっけ・・・。今出たら昇段できるな(ぇ)
 岐阜行ったら、「(去年だけど)きゅうりが会社辞めた」と旦那にお伝え下さい(前職の同期。なじょ。

スリッパさん、こしあんさん、丁寧な解答有り難うございます。ついでながら、「交換」の意味がわかりません。時間の都合がつけば解説ヨロシクお願いします。

『交換』:モノとモノとを受け渡す行為です。

オセロサークルの会誌・・・なんですけど、代々伝わっているものではないです。去年の文化祭からはじめたんですけど、『初心者(悪く言えば、ド素人)に向けたオセロ本を書けないか』というコンセプトをもとに、わたくしこしあんが書いてきた『オセロへの道』というものから抜粋しました。ちょうど今年の11月用に書いている内容に『終盤の理論』として偶数理論を書いている真っ最中だったので・・・。
一応過去の本は、ひらかわさんからもお褒めの言葉をさずかっています。もし興味があるなら、是非文化祭にきてください~。
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。