スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オセロの社会性について

こんにちは。
複数の方から(冗談だと思いますけど)ブログ書いてよって言われたので
何かしら書いてみようかと思います。
あ、京都オープンの告知は細部の詰めが完了しだい、もうすぐUPしますが、
5月3日開催はすでに確定しておりますので、宜しくお願いいたします。



え、名人戦の話…? はっはっ



さて、もう3年ぐらいになるしょうか、
年に3回ぐらいのペースで、不定期に小学生向けのオセロ教室をやっています。
今日はそのことについて少し。
小学生といっても、オセラーたちが思い浮かべるようなジュニアの大会に出てくるようなコたちではなくて、
ほんとにオセロ未経験の子供たちです。

そういうことをすることになった経緯についてまずは簡単に。
京都に「山の学校」という色んな教養を学べる私塾がありまして、(http://www.kitashirakawa.jp/yama-no-gakko/)
知り合いがそこで小学生向けの将棋教室を開いてたんですよね。
で、その知り合い経由で山の学校の校長先生に僕がオセロをやってることが伝わって、
「将棋教室があるならオセロ教室も!」ということで講座が開かれるようになったというわけです。

さて、このブログを見ている方のほとんどはいわゆる「オセラー」というカテゴリーに属する人たちだと
思うのですが、
みなさんの多くは次のように思ったのではないでしょうか?
「将棋講座には小学生が集まっても、オセロには集まるわけないじゃん!」っと。

…たしかにそう思っていた時期が私にもありました。
しかし、いざ講座を開いてみると、意外と毎回子供たちが集まってくれるんですよね。
論より証拠、写真で雰囲気をご覧いただきましょう。


DSC01521 (1)
DSC01614 (1)


こんな感じで、非常に楽しくオセロについて学んでもらうことができています。
もちろん年に数回程度では教えれることに限界があるのですが、
「一般教養」としてのオセロなら、最初にたくさん石をとったらまずいということを覚えてもらって、
それで何も知らない人に勝てるようになってもらえれば十分なのではないでしょうか。
私にとってもですね、子供達の相手とかふだんの生活ではしてないものですから
色々苦労するかと思いきや、お手伝いをしてくださる山の学校のスタッフの先生方にも助けられて、
逆に可愛い子供たちにエネルギーをもらえるような、そんな貴重な機会となっております。
このような機会を与えてくださっている山の学校の先生方と、参加してくれている子供たちには
この場を借りて感謝の気持ちをお伝え申し上げたいです。ありがとうございます!


…と、こういう活動紹介だけで終わると僕っぽくないよねっていうことで(謎の自意識)、
ここでタイトルの話につなげていきます。

さっきも書いたように、このオセロ教室、意外に子供たちが集まってくれるんですよね。
もちろん、その裏には山の学校の先生方の素晴らしい告知・広報があるわけですが、
それを差し引いても、オセラーでもなんでもない地元の小学生たちがオセロを習い事感覚で学びに来てくれるという
事実は揺るぎないわけで…
実はこれはオセロゲームのすごいところなんじゃないかと私は思うわけです。

何が言いたいのかというと、つまりこういうことです。
オセロをやってる人は、自分はとかくマイナーな趣味に打ち込んでるんだと思いがちですが(まぁ実際そうなんですが 笑)、僕はオセロっていう趣味はすごく「社会性がある趣味」だと思うんですよ。
「社会性」っていう言葉が合ってるのかはちょっと微妙なところですけど、
一般人に「俺、実はオセロが○段なんだ!」っていうと普通に「すごいね」っていう反応が帰ってきますし、
たとえば「俺、モンハンのハンターランクが300なんだ!」って言う話はモンハンやってる人にしか「凄い」って思われないですけど、オセロに関してはオセロやってない人にもある程度すごいって思わせる何かがあるわけです。
これは、オセロがみんなに親しまれているゲームとして社会の中で一定の地位を築いてるからに他なりません。
オセロは、囲碁とか将棋のようにもっと昔からあったゲームであるかのように思われてるぐらい
日本では一般的に親しまれていて、これこそがオセロというゲームの最もすごいところで、
ゲームとしての魅力に他ならない(誰でもできる簡単なルールなのになかなかすたれない!)と思います。
だから、「習い事」感覚のオセロ教室も意外と成立しちゃうわけなんですね。


ですから、オセラーは自分がオセロやってることにもっと自信を持ってもいいんじゃないか?
っていう風に言うこともできるかもしれません。
でも、自分が最近考えてることはそれではなくて別のことで、
それについて最後に少し触れておこうと思います。

たしかずっと前に、オセロの競技人口についていかに増やすかみたいなテーマで
長文をこのブログに書いた記憶があります。
そのときは、オセロの競技人口を増やさないといけない!みたいな前提で物事を考えていたんですが、
でも最近は競技人口とかべつにそこまで増えなくてもいいよなって思うようになったんですよね。
実際に、よっぽど何かきっかけでもないかぎり、これからオセロの競技人口が爆発的に増えることもなければ、
急激に過疎化することもなさそうですし。
(自分が一年間休んでる間に、新しい顔ぶれもちらほら現れてますし)

むしろオセラーにとって重要なのは、
そういうオセロガチ勢の人数を増やすことではなくて、
さっき書いたようなオセロの「社会性」を守っていくことなんじゃないかと、最近は考えています。
つまり、誰が聞いても「あ、オセロって知ってる」的な、現在のオセロのゲームとしての社会的な地位みたいなものを
守っていくこと。ちょっと難しい言葉でいえば、文化的価値とでもいえばいいんでしょうかね。
だって、とても単純な話ですけど、外部の人から「オセロが強いってすごい」って思われてた方が、
オセロやってて楽しいじゃないですか。
それに、このことが引いては今後末永くガチ勢の人口をキープしてゆくことにも実は繋がるんじゃないかなと。

自分の一般向けのオセロ教室も、ほんのささないことですが、
オセロの「社会性」を守っていく活動の一助になっていれば幸いかなと日々思うことにしてます。

おわり







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。