スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予選通過報告と名人戦3位決定戦

こんにちは

昨日は全日本選手権の近畿ブロック予選がありましたが、
無事通過することができました。
ブロック予選ってその年の調子が良ければ良いほど「失うもの(=全日本選手権というチャンス)」が
大きくなって、
プレッシャーも過剰になりその結果苦戦することになるんですが、
今回も早々に2敗してしまいました。
が、半ば諦めながら打ってたらなぜか2敗をキープできました。

そんなこんなで今年も全日本選手権ですが、
気付けば6回連続出場(昔なつかし「青年も部」も入れると8回目)らしいので、そろそろ結果を残したいところ。


さて、しばらく感覚が空いてしまいましたが、名人戦の7戦目、つまり三位決定戦を振り返ります。


7回戦 黒 負け

公式戦では初対戦でしたが、一度打ってみたかった相手です。
ネットで何度か打ったことがあるので、相当ヤバい……いや面白い打ち手だということは分かっていました。
試合前に棋譜の提出を求められたので、
面白い棋譜を残すという意味でも、相手の展開に付き合おうと思い試合に臨んだんですが…

名人戦⑮


B7かA6かで引っ張る構想だったのですが、ここにきて
さすがにこれは無理があるんじゃ・・と思った、というかつまりピヨっちゃいまして、
E8に当てて辺を取らせてからC2C3と打っていく作戦に切り替えました。
その結果、面白くなりそうだった盤面はすっかり穏健なムードになってしまい
オセロニュースに申し訳ない感じだったのですが、
相手の棋風がそうさせるのが、終盤に入る頃にはまた面白い形になっていました。

名人戦⑯


黒番

どこに打ちますか?

ここはE1が正解で、8石勝ち形勢らしいです。
ちょっとあまり見ない形の好手なので説明しづらいのですが、
とりあえず一番自然にE1→A2となった場合、次の黒B5が強烈で、
ブラックラインとホワイトラインの両方が黒一色になります。

実戦ではこの手が打てず、次善のF2(+2)の方に着手。
この手がなぜ緩手かというと、
以下A2→B5→F1で両ラインの通しを狙われる形になってしまうからです。
実戦でもそのように進行し、F1を打たれた局面が以下。

名人戦⑰


黒番


僕はここで敗着を打ってしまったのですが、
せっかくなので問題にしたいと思います。
黒の候補手がたくさんあって悩ましい局面ですが、勝てる手は一つです。
ぜひ考えてみて下さい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

d1で必勝ですね!

僕も自分のブログにかぶったこと書いちゃったんですが、この終盤むずいですよね。

>りばーさん
お強い!
でもD1のあともけっこう難しいかも!?

>ないつさん
評価値的には勝ってるように見えるんだけど、
勝ち手順が分からないというもどかしい局面でした。
この後の対応はさすがでした><
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。