スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名人戦試合振り返りその1

ということで、前にいったとおり名人戦の試合を振り返ります。


一回戦 白 勝ち

かなり先まで経験のある進行だったので、
ほぼノータイムに打ち進めて優勢を築いたものの、一手緩手を打ってしまい
何かありそうな感じになってしまった局面。

名人戦?

白番

この局面では、
黒にG7をうたれて手を渡される筋が怖いですね。
そこで、H4→H7→C8→G7→F8で、A3~F8のラインを白一色にします。

名人戦?

黒番

以下、H5→G2→H2→H1→G1→B1→B2 みたいな展開になった場合、
A3に黒が入れないので白必勝になります。
実践ではこの展開を避けるためにG2のあとに黒はG8にきましたが、
これでもやはり堅い偶数形になり白勝勢。

この筋が見えたことで、この日は調子がいいという手応えを掴みました。


二回戦 黒 勝ち

この試合もかなり先まで経験のある進行になりました。
先に相手の研究が切れたのか、それとも意図的に外したのかは分かりませんが、
その一手がきっかけでこちらが優勢に。
あとはリードを安全に守りきれるかという展開になったのですが、
長考したのは以下の局面。

名人戦③

黒番

F1かG2かものすごく悩ましいところですが、
F1に打ってからG2に打つと、
C4D3の石が黒くなってる関係でA2やb1でラインを切られる筋が出ちゃうということで、
G2から打ちました。
あとは、下辺を白に取らせてから、H7~H1で黒が右辺を取る構想です。

名人戦④

黒番

ここでH5→H3→H7→G7→H1→F2→G1→F1・・・の筋でいけそうなことを確認。
が、冷静に眺めるとH7→G7→H3→H5→H1の方がどう考えても得ですね。
実践では前者の筋しか考えることができず、
もちろんそのまま突っ込みました(4石損)が2石差で逃げ切り勝ち。


三回戦 黒 勝ち

この試合は虎2からの8手目G5受けに対して、用意していた変化を使用。
が、すぐに混沌とした盤面になり…

名人戦⑤

黒番

ここで、A6→A5→C6が凌ぎの好手順になります。

名人戦⑥

白はC7に打つ時にB6が返ってしまうので打ちにくくなります。
たぶんまだそこまで白悪くない局面なのですが、
時間に追われた相手にミスが出て、以後優勢を拡大し勝利。


この辺までは順風万帆だったんですけどね…
次回に続きます。


  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。