スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#102

前回の問題は、g2⇒h1⇒b7⇒…の手順が正解でした。
もし分からなかった人は、問題図から
なぜC7⇒H1⇒G2⇒…
の手順よりも正解手順の方が得なのかを考えるとためになるかもしれません。
(何のためになるのかは分かりませんが。)


さて、今日の問題はこちら


#103

黒番
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

※座標の方向が通常と違って分かりづらいので左からa~h
、上から1~8として書く。
一見するとg8でもh8でも同じに見える。
なぜならばどちらに打っても白はb1に打ち、左上で手どまりを打つ。
そうなれば黒は右下の2個空きに手を戻すことになるのだから、黒g8→黒h8→白g7の順で打っても黒h8→黒g8→白g7の順で打っても同じに見えるからである。
さて、ためしにh8からの筋を考えて見る。
h8→b1→c1→b2→a2→a1→パス→g8→g7と、異順同形を除けば黒からの変化の余地なく白勝ちとなることがわかる。
それならば初手g8に打っても以下b1→c1→b2→a2→a1→h8→g7でやはり異順同形で白勝ちと考えるのが自然な発想である。
しかし初手g8からの進行では意表を突く絶好手が存在するのである。
それはg8→b1→c1→b2→g7!である。この後白はh8と取るしかなく、そうなれば黒はa1→a2の連打で勝つことができる。
したがってg8のあと、白はb1→c1→a2あるいは、a2と打たざるを得ない。これが最善進行で引き分けとなる。
この問題の要点は、g7→h8でラインを通させて左上での連打を狙う筋の可能性を残すことによって、白の左上のさばきを制限する、ということであった。

解けたので答えを書こうとしたのですが、上の方がほぼ完璧に説明してくださっていると思うので、書くことがないですね。

>Mr.Yさん
素晴らしい解答ありがとうございます。
次回そのまま転載します。
ところであなたは何者ですか…?

>通りすがりの元関西プレイヤさん
コメントありがとうございます。
また関西にも戻ってきて下さいな。
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。