スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オセロにおける腕立て伏せ

前回の問題の答えですが、

正解はG3です。

H3の場合は、一本道で引き分けになりますが、大会ではたいてい

白のときは引き分け勝ちを持ってないので困ります。

で、G3の場合、

G3に対してH3に来てくれれば、次にG2でH2~B8のCラインが通り、

以下H2強制→H1G1連打で白快勝になります。

これを防ぐために、黒はG3に対してA8かG2に打つことになりますが、

どっちでもめでたく逆偶数が解消し、

白が勝ちます。



さて本題ですが、

スポーツではよく基礎練習が大事といわれます。

たとえば野球では、

試合→シート打撃→フリー打撃→ティーバッティング→素振り→ランニング、腕立て

みたいな順番で応用から基礎練習になっていくと思いますが、(パワプロ知識でごめんなさい)

シーズンに入って調子が上がらない選手はよく

「キャンプで走りこみが足りないからだ」

とか張本さんが怒ったりしますよね。



では、オセロにおける基礎練習って何なんでしょう。

ある程度の実力者(有段者レベル)にとっては、

もっとも基礎的なトレーニングはたとえば

最終盤(6~10個空き)を数える練習とか言われますが、

(数えることによって読む力を養う)

これってまだオセロが直接かかわっている分、

野球でいうと素振りぐらいの位置付けだと思うんですよね。

でも、野球で走りこみが大切ならば、

オセロにも根本的な読みの力を底上げするための

より基本的な練習が何かしらあると思うんです。

それが何なのかを最近模索中です。


(そんなことしてる暇があったら仕事(院の研究)ちゃんとしろよって話ですが・・)



>裏をかいてドロー

そこまで面白い局面ではありませんでした><


>ますたーさん@ヒコピン

ダメです


>かのうさん

素直な問題でした


>はせらさん

!! 思考過程まで完璧です


>I3

その場合、I8に黒に打たれて苦しそうです


>しぶしょさん

六段昇段おめでとうございますΣ( ̄□ ̄;)
ブログの問題考えてくれてた頃が遠い昔のようです (・e.・)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オセロの石を返す練習!!!

対局時計を押す練習!!!

とりあえず遠征するのが基礎的なトレーニングですね^^

夜の店探し(HP参照業務)

終盤力がない僕は筋トレ不足なんですね;;

すいません、便乗しました。

オセロは気合なので体力が必要ですね!
というわけで本当に走りこむとか。
ちなみにスポーツ辞めてから血眼になって読めなくなりました。

えーーーーっと・・・

四股・鉄砲・すり足かなぁ(ぇ

ありがとうございます☆

あのころは初段だったので今思うとすごい進歩ですね(゚д゚)
 
当時全国で活躍するすりっぱさんを遠い存在のように感じていたので今同じ段位ってのが不思議な感じです笑

オセロに遠ざかりつつある時になぜかいい成績が出ました。休止宣言をすると強くなるのかもしれません笑

棋譜並べに違いないと信じておりますが…。

通りすがりでした。

序中終盤関係なくミスした局面を片っ端から保存して後でその局面からゼブラと打つっていうやり直し対戦を時々やってます
難しい局面ほど脳にかかる負荷も大きいので、筋トレでいう負荷にも相当すると思います
あとは、本当に筋トレして本番で体力が持つようにしますw
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。