スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然ですが自戦解説②

何かショックなことがあると色んなことのモチベーションに影響が出すぎるのが

僕の悪い癖の一つだと思うのですが、

とりあえず気分転換にブログをかけるぐらいには回復しました。



ということで遅くなってしまいましたが前回の自戦解説(vsコブラの有能コンピ)

の続きです。

まず、前回は次の盤面で終わっていました。


F5D6C4G5C6D3E6B4F4F6E3C5G4D7B5C7C2E2C3F3A5A3B6E7G3A4A6A7H6B3G6C1D1D2B1F1B2H4F7F8G7
\ABCDEFGH
1+●●●+○++
2+●●○○+++
3○●●○●●●+
4○●●●○○○○
5○●○●●○○+
6○○○○●●●●
7○+○○○○◆+
8+++++○++



ここまでほぼ構想通りで、

白F2に対して黒E1と当てれば勝勢だと考えていました。(その理由については後述)

ただ、ここで気になったのが白H3で、このときはここに打たれるとどうしようと

思っていたのですが、コンピはF2と打ってきました。

ここでは助かったと思ったのですが、(ただコンピはこの時点で完全読みに入ってるので

そこに打たないのは必ず理由があります)

あとで解析したところ、白H3に対しては黒H5という大胆な応手があることが

分かりました。

(参考図) 白H3→黒H5

\ABCDEFGH
1+●●●+○++
2+●●○●+++
3○●●○○●○○
4○●●●○○●○
5○●○●●●●◆
6○○○○●●●●
7○+○○○○●+
8+++++○++


この手によって白はホワイトラインを切ることができず、

右上が偶数空きなので白黒白黒白黒と打っても次に右下に打たざるをえなくなるので、

黒が勝勢なようです。


コンピはこれを見越して、F2に打ってきました。

これに対して黒は予定通りE1と打ち、以下の局面に。


F5D6C4G5C6D3E6B4F4F6E3C5G4D7B5C7C2E2C3F3A5A3B6E7G3A4A6A7H6B3G6C1D1D2B1F1B2H4F7F8G7F2E1
\ABCDEFGH
1+●●●◆○++
2+●●●●○++
3○●●○●○○+
4○●●○●○○○
5○●○●●○○+
6○○○○●●●●
7○+○○○○●+
8+++++○++



この局面で僕は、黒勝勢だと思っていました。

というのも、次に白はH8と打ってきますが、(下図)


F5D6C4G5C6D3E6B4F4F6E3C5G4D7B5C7C2E2C3F3A5A3B6E7G3A4A6A7H6B3G6C1D1D2B1F1B2H4F7F8G7F2E1H8
\ABCDEFGH
1+●●●●○++
2+●●●●○++
3○●●○●○○+
4○●●○●○○○
5○●○●○○○+
6○○○○●○●●
7○+○○○○○+
8+++++○+◇


ここで左下の6個空きとG8の空きマスを合わせた七個空きが、

白から入れない奇数空きになっていることがミソです。

なので、右側の7個空きを黒→白→黒→白→黒→白→黒と打っていけば、

次に白はA1と打たざるをえなくなり、黒はA2に打ち、

左辺をとって後は左下の7個空きでやりたい放題した上に最後手どまりが打てるようになる・・

はずです。

たとえば、こんな進行だと黒勝勢ですよね。

(参考例) 黒H3→白H7→黒H5→白H2→黒G2→白H1→黒G1→白A1→黒A2・・・


\ABCDEFGH
1+●●●●○++
2+●●●●○++
3○●●○●●●●
4○●●○○○●●
5○●○●●●●◆
6○○○○●○○●
7○+○○○○○○
8+++++○+○


        

\ABCDEFGH
1○○○○○○○○
2◆●●●●●●○
3○●○○●○●○
4○●●○○○●○
5○●○●●●●○
6○○○○●○○○
7○+○○○○○○
8+++++○+○



こんな感じの展開になって黒勝ちだと思い、僕はH3と打ちました。


F5D6C4G5C6D3E6B4F4F6E3C5G4D7B5C7C2E2C3F3A5A3B6E7G3A4A6A7H6B3G6C1D1D2B1F1B2H4F7F8G7F2E1H8H3\ABCDEFGH
1+●●●●○++
2+●●●●○++
3○●●○●●●◆
4○●●○●○●○
5○●○●○●○+
6○○○○●○●●
7○+○○○○○+
8+++++○+○


しかし、実はこの時点でまだ、非常にきわどい形勢だったのです。

(僕は全くそれに気付いてませんでした)

では、ここからコンピが打ってきた粘りの最善手順とは・・!?


次回に続きます\(^0^)/



>はなみさん

今回の記事はちょっと難しいところもあると思うので、(たぶん有段者向け。。)
数手先の構想まではいかなくても、
一手ごとにこう考えて打ってる、という風に理解してもらえば
OKだと思います><

実際、今回の記事では僕も少し見栄を張っている部分がなきにしもあらず・・ 謎


>自爆王さん

H4の時点ではそうだったのかもしれませんが、
完全読みに入ったコンピは最善手しか打たないので、次の応手が難しけど最善ではないH3を
打ってくることはありませんでした。


>アースさん

あ、一行ずつ改行を入れたのと、
一問一答形式をちょっとやめています><
一問一答形式はまた気が向いたら復活させます。


>ますたーさん

E1と当てる手は、E1→F1→F2→G1となると次に白に手が渡る上に、
中辺がまだらになるので黒はb2にも手ができる、ということで、
この白にとって手詰まりな状況で黒に2手得は致命的なんじゃないかと判断してました。
(だから深く先を読まなくてもいいかなーみたいな。)

f1の場合も、当て取らせさえすれば左辺ウィングをとれて黒必勝な形なのですが、
その筋が成立するかどうかは考えてみないと分からないと思ったので、
深く読むべきはf1の方なんじゃないかと思いました。

・・・とそこまで論理的にそのとき考えてたのかは正直書いてみて疑問ですが、
そのときの感覚的な判断の根拠は上のような感じだと思います><




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

g2ですかね?h2だとh5→h7→g2となり参考例と同じような展開になるので・・消去法です><;

g2→h1→g1→h2でa2とa1の連打を狙いたいですね(’’)

ダイレクトg2→h5→h7→h1→g1→h2→a2→g8→a1

h5→h7→g2とラインを通して左下に黒打たせる
の二通りで迷います(><)

結局同じに形になりそうでどっちがいいのかは分かりません笑 この決断でよく間違えますね^^;

右上連打狙いで H5から・・・
H5-H7-g2で・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。