スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オセロ界の未来の話・番外編①  ――プロ化について

今週は腑抜けて色々とサボってしまいました。
(院の研究とかこのブログとかを…)

たくさんのコメントありがとうございます。
お返事はまた返事の回をちゃんと設けてしっかりとしたいと思います。

さて、前々から書く書くといっている「番外編」について、
今日から書きたいと思います。

何回に分けるか分かりませんが、今回は
おそらく「オセロ界の未来」を語る上で避けて通れない話、
オセロのプロ化について少し考えてみたいので、
丸々一回分を割こうと思います。



さて、いくつかのコメントでも指摘されたことなのですが、
オセロ界を盛り上げるにはプロ化(つまり、プロの制度を作る)をしなければならない、という
話をたびたび聞きますが、
結論から言うと僕は

① オセロというゲームの性質上、プロ化は(というかプロ化しても)難しい ですし、
② 「制度としての」プロは必要ない

と考えています。
順番に根拠を話します。


まず、①についてです。

古くからプロ制度がある囲碁・将棋とオセロの一つの大きな違いは、
棋譜に価値があるかどうか、です。

どういうことかというと、囲碁や将棋なら、強い人同士が対戦する棋譜は
それだけでアマチュアプレイヤーの見本になり、かつ
世間を沸かせる(?)ことになっていますが、
これはそのプロの人間たちが、特別に強いから可能なことです。

一方、オセロの場合、たしかにトッププレイヤーたちは特別に強いのですが、
それよりも更にずっと強いソフトがすでにたくさん存在します。
しかも、僕たちはその人間よりも遥かに強いソフトを、
無料で手に入れることができます。

このような人間とソフトの力関係にまつわる両者の違いは、
そのまま重要な帰結を生みます。

トッププレイヤーが特別に強い囲碁・将棋の場合は、
彼らの棋譜や思考自体がそのまま財産であるので、
彼らの戦いや戦術を描いた雑誌や戦術書も、
アマチュアたちにとって(対価を支払うに値する)価値を帯びることになります。
それらの棋譜や書物が、常人を超越したスペクタクルな世界を描くものとしての
魅力を有すると共に、最高の参考書にもなりえているわけです。

一方、オセロの場合は、すでに人間の棋力を大幅に超えたオセロソフトを
無料で簡単に手に入れることができる現状なので、
人間のトッププレイヤーの棋譜に、囲碁や将棋ほどの特別な価値が生じることは
ないと思われます。
オセロの勉強をしたいなら、ゼブラで解析した方が早いし、
いくら人間同士の対局がすごくても、ソフトに入れればどこが石損か分かってしまう
(人間の書く解説の価値の低下)
ので、スペクタクルな魅力も生じにくい。

(この点に関しては、プロ化されていないがゆえに人間の能力がソフトに追いついていないだけ
という反論があるかもしれませんが、僕の見立てでは、オセロにおけるソフトの人間に対する
優位はもはや明らかで、仮にプロ化してすさまじい棋力を有したプレイヤーが現れても、
それは「ソフトに限りなく近い打ち回しができる」までが人間の限界で、
ソフトなんていらない!と僕たちに思わせるような棋譜はできないと思われます。
つまり、どんなにすごい人間が現れても、その凄さすらソフトを基準にして測れてしまいそう、
ということですね。この人は、限りなくコンピューターに近い強さである、と言われて
アマチュアたちがそれを聞いて心を動かされるるかというと・・と思ってしまいます。)

このような条件下で制度としてのプロを作っても、
特別な価値を有する知的財産を産み出せないので、
メディアを通じた戦略を取りづらく、(試合をテレビ中継したり、書籍を出したり)
よってそこからたくさんのお金が生じるとは考えづらいのです。
(対価がなければ、制度としてのプロを支えるようなスポンサー等もつきにくいと思われますし、
最初はついてくれても、そのような実態が分かってしまえば、長持ちはしなさそうです。)

よって、オセロというゲームに、「制度としての」プロを作ってやっていくのは
現実的に難しく、僕としては気が進まないことなのです。


しかし、です。
僕たちは、世界選手権を観戦すればいつも盛り上がるし、
棋譜を鑑賞するのも楽しかったりします。このこともまた事実です。
でもそれは、世界選手権の棋譜がそれだけで思考的な財産になっている、というのとは
別の意味で僕たちにとって価値があるからだと僕は思うのです。

この点を踏まえた上で、②に続きます。


②「制度としての」プロは必要ない、これについての根拠を書きます。

なぜ僕らは、人間を超越したプレイヤー同士の戦いとは言えないオセロの棋譜を見て
心を動かされるのかというと、
(まだオセロを勉強しはじめて間もない方には、人間のトッププレイヤーの棋譜はすごいの一言かも
しれませんが、その凄さを自分でゼブラで「採点」できてしまうのもまた事実です。)
それは僕たちが共通のオセロ界に所属しているからであると思うのです。

つまり、トッププレイヤーであっても、彼らは機会があれば自分と大会で打ったり、
コミュニケーションを取れたりする存在であるので、ある意味近しい存在で、
その人たちが打っている棋譜からは、彼らの人間模様を連想したり、
この人には頑張って欲しい!という感覚をもてたりするから
(オセロプレイヤーである僕たちにとって)オセロの観戦は楽しいのではないか、
と僕は思うわけです。
これは、超人たちが超越的な技術をぶつけあい、それにただただ感心するという囲碁や将棋の
プロの試合とは、また違った魅力なのではないでしょうか。
それはむしろ、ブログ等のオセロ参戦記を読むのが楽しいのと近しい感覚であると思います。

でもそれは、オセロ界がせまいからこその魅力であって、
オセロ界がこれから大規模に発展していくなら、それはなくなってしまうべきものなのでは?
と思われるかもしれません。


ちょっと別の角度から話してみます。
競技としてのオセロの魅力は、
「頑張れば誰にでも世界チャンピオンになれる可能性がある!」ということです。
(ゲームの才能うんぬんの話は抜きにして考えます)
これは、発足当時にプロ化しなかったオセロならではの魅力というか、
新規参入者を募る上での大きなアピールポイントになりうると思うのです。
それに対して、プロとしての制度が確立している世界の場合、
アマチュアプレイヤーが日本のトッププレイヤーを目指すことは事実上不可能で、
それが可能であるかどうかはその人が育つ環境次第です。
(小さい頃から将棋に没頭でき、かつそのような組織に入れる環境であった、等々)

このような、トッププレイヤーに手が届きそう
(で届かなかったりするのですが、そのことはおいとくとして・・笑)
という感覚は、プレイヤーにとってオセロの棋譜鑑賞の楽しさに繋がっていると考えられます。
つまり、超人的で自分には考えられない世界に触れる楽しさ、というよりも、
もしかしたら自分もできるかもしれいないので、それを目指したくなるような楽しさ、ですね。

逆に言えば、こういうことです。
オセロの試合を観戦して楽しいのは、打ってる人も見てる人も原理的には同じ立場の
アマチュアであるから、なのではないでしょうか。

もし仮に「制度としての」プロを作り、
アマチュアプレイヤーとプロの境界を分けてしまうと、せっかくオセロがこれまで持っていた
競技としての魅力は半減してしまう気がします。
もっとも、プロ化した当初は、僕らにとっての知り合いがプロとして戦うわけなので同じ原理で
見ていて楽しいかもしれませんが、プロの組織化が進んでその条件が厳しくなる、
手の届かない存在になるにつれて、そのような競技オセロの楽しみ方は不可能になってくる
のではないでしょうか。

その一方で、①で述べた通り、超越的な思考を披露することによるプロのスペクタクルな魅力は、
人間の能力を超えたソフトがある以上、プロ化しても生じるとは考えにくい。


以上の点を踏まえると、長期的な視野でオセロ界の未来について考えてゆくとき、
「制度としての」プロ化はあまり重要ではないというか、むしろオセロにとってデメリットの方が大きいと
結論せざるをえないのです。
(従来の魅力を削いでしまう上に、新しい魅力を生み出さない、お金が回っていかない)


ということで、僕はこの前に長々と書いたように、
とりあえずアマチュア競技なままで、
オセロ界の競技人口の増加・盛り上げを考えてゆくべきなのでは
ないか、と考えています。
現状の、ある意味せまい組織であるがゆえの競技オセロの魅力を、
できるだけ残したままそれを活かして拡大してゆくことが、
囲碁や将棋など制度としてのプロが存在する競技とは一線を画す
別の道を行くことになるのではないでしょうか。
難しいことなのかもしれませんが、みんなでやってみんなで見る→楽しむ
というオセロの拡大の可能性に、個人的にはかけたい。


さて、これまで「制度としての」プロは必要ないと、書いてきました。
その意味を最後に説明したいと思います。
僕は、こんな形のプロならありなのではないか、と考えています。


そもそも、プロとは何を意味しているのでしょうか。
狭義では、制度化された組織に属することで、そこでプロとしての資格を貰って、
試合をすることでお金を貰う・・みたいな感じでしょうか。
しかし、もっと広い意味で捉えるなら、
それをすることで食っていける、それだけで稼いで行ける人なら、
それはプロであると言うことができるのではないでしょうか。
(よくテレビにでてくるプロ~選手とかプロ芸術家とかは、上の二つの2パターンに分かれます)

そして、僕が必要ないと思っているのは前者の「制度化された」プロの方で、
後者の方はむしろ全然アリというか、
オセロで食べていけるトッププレイヤーが数人現れてくるような状態が、
僕の考えているオセロ界の一つの完成形だったりします。

つまり、競技オセロが今よりずっと普及した世界では、
トッププレイヤーはその技術を色々なところで伝えたり、
それを仕事として個人的に出資してもらったりすることで、
さらには大会を主催したり全体の運営に携わることで、
オセロに関する活動のみで生計を立てていけるような状態になりうるかもしれない、ということです。

(正確な知識が無いので細かいことは言えないのですが、ごく一部の第一人者がそれで
食べていける、プロを名乗っているという分野はけっこうあるのではないでしょうか。)

「制度としての」プロはなくても、オセロに関してものすごく精を出したほんの一握りの人が、
オセロで食べていける状態、その意味でのプロが自然発生的に生まれることは、
他のプレイヤーにとっても名誉なことであるし、
それは「制度としての」プロのように、オセロのこれまでの魅力を削ぐようなものではないはずです。

よって、僕らが目指すべきは、少なくとも最初から「制度としての」プロを作ることではなくて、
そのように自然にプロが生まれるぐらい競技オセロを発展させることであって、
むしろ「制度としての」プロについて語るのは、その後な気が僕はしています。

もちろん、そのためには少なくとも今の10倍ぐらいの競技人口が必要な気がするので、
何を理想めいたことを、という指摘は避けることができなそうですが、
一応オセロ界の未来構想の一つということで、今回もお許し頂ければ、と思います。。


では、続きはまた次回に・・・









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

先を見越して考えると、オセロが普及したとしても、
制度としてのプロが成立するかどうかの一番の鬼門は、
プロとアマで明確な実力差が出るか、のように思える。

ためのり・とみけんクラスの人がアマチュア選手で、
専業プロよりも強かったらプロの制度は成り立たない。

将棋のうまみは
チェスとは違い相手のこまを自分のものにして使えるので幅の広い戦略になるということ
しかしオセロは狭い64の範囲で
相手のコマをひっくり返すだけで
最短秒コンマで勝負がついてしまいます
将棋や囲碁は何千・何億?という未知数の手数が存在します
将棋ソフトであるロボット「ボナンザ」は人間にまだ勝てていない
それだけ、ロボットのコンヒュータにもできないことはある
人間まだまだ捨てたものじゃありませんよ
オセロのプロ化は難しいでしょうね
大人は麻雀にいってしまいますし^^;

ダーツ界の話ばっかりで申し訳ないんですが・・

って、ちょっと書こうかと思ったんですが・・
言いたいことが文章で上手く伝えれないので、興味があれば、またゆっくり話す機会があるときにでも('-')ノ

ちなみに、ダーツ界では、大会の賞金で食べていけるなんて選手はほんとにごく一部です。
が、すりすりの言ってる通りに、大体の選手がダーツバーを経営していたり、スタッフだったり・・で、ダーツ関連の仕事のみで食べていってる人であれば、たくさんいる感じです(゚o゚;

チェスも既にプログラムのほうが強いです。
ランカーでもドローに持ち込むのが手一杯です。
オセロも同様にソフトから学んだ手を繰り出せば一応ドローに持ち込めます。
なのにチェスで莫大な賞金が稼げるのは何故でしょう。

それは富豪がスポンサーだからです。
ゲームが解かれたかどうかは然程重要ではなく、
お金を出してくれそうな人がいかに興味を持つか、です。
つまり今のうちに麻布生などに投資しておくと良いでしょう。

プロ化についての僕の考えは、すりっぱさんと考えがほぼ同じです。
僕はすりっぱさんみたいに丁寧な文章は書けないので、
今回のブログは、とても感心しました。

大会に出て感じていることでもありますが、
プロがないことは、すりっぱさんが言うように、
「頑張れば誰にでも世界チャンピオンになれる可能性がある!」
ということですね。これだけ世間に知られている競技で、
世界チャンピオンが狙えるのは、オセロだけのような気がします。

プロのあるなしに関わらず、個人的には本屋さんで並ぶオセロ本が増えればと
思っているのですが、オセロ普及のために
すりっぱさんも一度本を書かれてみてはどうですか?

アースさんはオセロ、チェスと将棋、囲碁を比べて、将棋、囲碁は人間<コンピューターだから、オセロ、チェスより奥が深く、優れたゲームだとでも言いたいのですか?
たしかに、オセロ、チェスでは人間はコンピューターに勝てませんが、だからといってオセロ、チェスは将棋、囲碁より劣り、浅いゲームだとは僕はは思いません。
単にオセロ、チェスはコンピューターの得意な部門で、将棋、囲碁は苦手な部門なんだと思います。
僕はオセロも他のゲームに負けないくらい奥が深く、楽しめるゲームだと信じています。
プロ化に至らなくとも、これからもっと発展していって欲しいです。

ここはコメントした者同士が討論する場所じゃないですよ

ちなみに、チェスではディープブルーというロボットが人間に勝利しています。
僕的には、どのゲームも優れていると思いますし、
今回のお題はメジャー(プロ)化というものです
だから僕の意見は、否定というわけではないんですよ

オセラーとして悲しいですが僕はオセロは劣っているゲームだと思います
奥が浅いからコンピューターに攻略されたんですよ

かつてプロ制度を本気で作ることを考えた者として、また今別の分野で「プロ」になった者として以下書きます。

プロというのは先に制度ありきではなく、もっと精神的なものが先にある。そしてプロになることは多少乱暴に言えば、それなりの実力者であれば今すぐにでも可能、というのが私の考え方です。

仮にオセロのプロになりたいと本気で今現在思っている人がいるとしたら、その人に私が助言したいことはただひとつ。
「プロ制度」をいつか誰かが作るのを待っていたのでは、たぶん永久にプロにはなれません。
制度ができるのを待つのではなく、自分がプロであると宣言すれば明日からあなたはプロオセラーです。
「自分はプロ宣言します。なにがしかの対局料が支払われない限り、人前ではオセロを打ちません。」
このように言って、あとは「プロオセラー」の名刺でも作れば完璧。
プロオセラー第一号の誕生です。

もちろん、この宣言をして、まともに相手にされようと思ったら、まずは相応の実力がなければなりません。
お金を払ってもその人の対局が見たい、という人がゼロではダメです。

仮にこのような人が現れて、幸いにもサポーターなりスポンサーなりがついたとしても、少なくとも当初はそれだけで食っていけるほどの収入を得ることは難しいでしょう。
将棋や囲碁でも、それだけで食っていけているプロというのはほんの一握り。
しかもいったんプロ宣言したら、その後永久にとは言わないまでも、相応の期間、相応の実力を維持しなければ馬鹿にされるだけです。
プロの道は斯様にも厳しく険しい。

それでも自分はプロになる、という人が、果たして現れるでしょうか?

仮に数年以内にこういう人が、今のトップレベルの中から出てきたならば、私としては積極的に応援したいとは思います。自分もプロ宣言できるほどの力量があればよかったのですが、残念ながらそれは今現在は無理ですし、将来的にもきわめて困難であると分析せざるを得ません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。