スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オセロ界の未来について①  ――ネットオセロと生オセロ――

えっと、突然ですが、今回から数回に渡って、
僕が最近たまに考えてるオセロ界の今後の展望と、希望について記したいと思います。
なので、堅い(?)話になってしまいそうなので、
そういうのが好きな人だけ読んで頂ければ、と思います。


ちなみに僕は、大学院で社会学という学問分野を研究していて、
今のところこれを専門にして人生やっていこうかな、と思っているので、
そこで日々得ている知見みたいなのも少し織り交ぜつつ、書ければいいな、と思います。
(社会もオセロ界も、人間の集まりっていう意味では同じですからね)


あと、僕は大会の運営等には殆ど参加しておらず、
現場に関わっていない人間に何が分かるんだ、と言われるかもしれませんが、
それでも、この話を書くことは無意味ではないと思っているので、
温かい目で(?)見ていただければ、と思います。(もちろん、反論、意見等は随時受け付けます!)



では、本編↓


まず、今後について考える前に、現状分析から始める必要があります。


話の大前提として、僕は(競技)オセロ界が、少なくとも現状を維持し、
できれば今よりもっと盛り上がっていってくれることを願っています。
盛り上がる、現状維持、といった基準は、とりあえず競技人口の話だと考えて頂いてOKです。
(競技人口とは、大会に参加してオセロを打つ人の人数を指すことにします。)
なので、競技オセロをする人なんて別に増えなくてもいいし、減っていけばいい、
オセロ界なんて衰退してしまえばいい、と考えている方とは、
今からする話は馴染まないと思います。と最初に断っておきます。


で、その盛り上がりの現状、つまり競技人口が今どうなのかな、どうなっていきそうなのかな、
ということからまずは始めようと思います。


おそらく、ここ10年ぐらいでオセロの競技人口は、増えたんじゃないかな、と推測されます。
(会員数の増減、大会参加者数の増減などのデータは僕は持ってないので、あくまでも推測)
というのも、ここおそらく10年ほど前から、ネットオセロというものが出現して、
ネットオセロをする→実際の大会に参加する という一つの新しいパターンが
できあがったからです。
このことは、オセロ界の競技人口増加にとって、非常にポジティブに働いたと思われます。
というのも、ネットオセロの出現と、そこから大会に参加するという新しいパターンは、
これまでオセロの大会のことを知るはずがなかった多くの人たちに、
それを伝える、宣伝することができたからです。

ということは、これからもネット経由で新しい人が入ってきて、
オセロ界の競技人口は増え続けるだろう、これからも盛り上がり続けるだろう、
ということになるのでしょうか。


・・・しかし困ったことに、僕はそうは思いません。
なぜなら、ネットオセロの人口はだんだんと減少傾向にあり、(これは事実です)
それに伴ってネット経由で大会に出る人も減っている気がするからです。(これは僕の感覚)


では、なぜネットオセロの人口はだんだんと減少してゆく運命にあるのでしょうか。
これには理由があります。(かなりダルい話を展開してるので、面倒な人は飛ばしてください><>

まず、ネットオセロのネの字もなかった状態から、ネットオセロサイトが誰かによって
開始された10年ぐらい前(?)の状況を考えて見ましょう。
ネットオセロのサイトが初めてできるということは、
ネットユーザーに、ネットオセロサイトの存在が一気に紹介されるということを意味しています。
しかもそれは、
「ネットオセロにハマる可能性があるけど、ネットオセロのことを知らない
人に、ネットオセロの存在を紹介することを意味します。
たとえば、それまでヤフーに着て他のコンテンツを眺めてた人は、
「ヤフーオセロか~へ~こんなのがあるんだー」と気付いたりすることでしょう。

で、ここでポイントなのは、たとえばヤフーオセロができれば、
それまでヤフーにきてた人に、ヤフーオセロの存在が一気に紹介されるということです。
徐々に紹介されていくわけではありません。
で、このとき、元から(ネット)オセロを好きになる素質があった人は、ネットオセロに
ハマるでしょうし、そうじゃない人は、そのままスルー、ということになります。

つまり、(ヤフーがよっぽど特別な宣伝をしてくれない限り)
ヤフーオセロにハマるかどうかのヤフーユーザーたちの判断は、ヤフーオセロができたときに
殆どなされるはず、ということです。

では、そのオセロサイトの創世期が過ぎてからは、オセロサイトの人口はどうなるのでしょうか。
たとえばヤフーオセロの創世期以降で、新しくヤフーオセロにハマる可能性がある人は、
次のような人たちのはずです。

① 新しくヤフーに着て、ヤフーオセロの存在を知った
② それまでヤフーオセロのことを知っててやらなかったけど、何となくやり始めてみた人


②が時間がたつにつれてだんだん減っていくのは、明らかですよね。
(そのオセロを何となくやり始めるであろう予備軍が、ヤフーオセロを実際に始めて、減っていくため)

で、問題は①なのですが、ヤフーオセロができてから数年は、ネットが家庭にどんどん
普及していった時期であるため、新しくヤフーに来る人 はまだいっぱい居たはずです。現にいました。
でも、ネットが家庭に普及してしまったここ数年では、
新しくヤフーに着て、ヤフーオセロの存在を知る人は、
もう殆ど増えていないと思います(新しくネットの適正年齢に成長した人ぐらい・・?)

で、人は必ず飽きてしまう生き物なので、
ヤフーオセロから離れていく人は、常に出続けます。
つまり、今となってはもう、ヤフーオセロには供給が殆ど無くて、人が流出してるだけ、のような
状態なのです。


ちょっと分かりにくい話になってしまって申し訳ないのですが、まとめると、
オセロサイトに人がドバって入るのは最初だけで、
時が経つにつれて
「ネットオセロにハマる可能性があるけど、ネットオセロのことを知らない
人に、そのサイトが紹介されることがなくなって、
新しく人が入ってくることがなくなるわけです。


で、これはどのオセロサイトにも当てはまることです。
ヤフーもハンゲームも、みんな同じです。

ちなみに、コブラがなぜあれほど成功したのかも、同じ理由で説明できます。
(コブラが非常に素晴らしいオセロサイトであるという事実は、とりあえず自明のこととして。)

コブラは、ネットオセロにハマる可能性があったけど、パソコンを持っていなかったため、
ネットオセロの存在を知らなかったかなり多くの集団に、
ネットオセロを紹介することができたからです。

でも、ひとたび彼らへの紹介が終わってしまえば、その
「ネットオセロにハマる可能性があったけど、パソコンを持っていなかったため、
ネットオセロの存在を知らなかった集団」
の人数自体は増えないので、
コブラのユーザーの増加も徐々に止まってしまうことが想定されます。
で、あとは同じ理由で・・・ みたいな感じでしょうか。
(現に、コブラのユーザーもだんだん減ってる気がします・・><>

だからもしかしたら、コブラのAU版、ソフトバンク版が出れば、
また新規開拓効果で人がオセロ人口が増えるかもしれませんね。


まぁそれはおいておくとして、非常に長くなってしまい申し訳ありませんが、
この辺で今日のまとめに移りたいと思います。


ここ10年の間に、オセロ界の大会競技人口は増えたと推測されますが、
そしてそれはネットオセロの効果が大きかったと思われますが、
ネットオセロの人口は現在減少傾向にある。
それは、ネットオセロが時代に合わなくなったとかそういうことではなく、
今まで説明した通り、理論的に必ず起こってしまう現象です。
それに伴って、ネットオセロ→大会デビューする人も少なくなる。
大会も、飽きてやめる人はいるはずなので、流出が供給を上回ってしまうと、
これから大会の人口も減っていくかもしれない。
少なくともこれから増えていくとは考えづらい。


・・・では、オセロ界の未来は暗いのでしょうか。
しかし、そう断じてしまうのは、まだ早い。
というのも、現在のオセロ界には、未来に繋がるようなポジティブな要素も
ちゃんと存在していると僕は思うからです。

よって次回は、それについて紹介・考察してきたいと思います。


読んで下さった方、長々とお付き合いして頂き本当にありがとうございました。




以下は、前回のコメントへのお返事('-')

>Rさん
なるほど。
打つ人にもよると思いますが、縦と斜めは殆どイーブンではないのかな、というのが
僕個人の現在の見立てです。


>渋しょさん

可愛いので許します 萌


>ホイールさん
それも大事ですよね。
自分が打たない方の縦or斜めは、相手に打たれても嫌って思ってる人は多いと思います('-')ノ


>しんさん
なるほど。
確かに、展開によっては最低限の暗記は必要ですよね。
暗記って、それが最善進行であるかどうかを知っておくだけでも、
だいぶ違う気がしますしね~。
(外さなければならないことが分かるので)

それも含めて同意です('-')ノ


>SKさん
なるほど、正確な分析だと思います。
僕も、斜めの場合は、最善を打つ縦とは違って、-4ぐらいの変化を重点的に研究して、
それで勝負をかけて打ちやすい局面になるように
頑張っている気がしますからね。
となると、縦が打ちやすいかどうかは、最善を覚えてついていくことが
そのプレイヤーの性に合うか、ということにも関わってくるのでしょうか。

しかし、おっしゃる通り、コンポスで黒が白の分岐に対応するのは、ほんと嫌になりますよね・・(-_-)


>cdxさん
たしかに、斜めも変化を研究をした上での読み勝負ですからね(少なくとも僕の場合はそうです)。

縦は虎1、虎2、兎
斜めはバッファロー・牛・飛び出し・ヘビ

を覚えれば何とかなるので、
一見タテの方が暗記しやすいようにも見えるのですが、
変化を(特に一撃必殺の)研究しやすいのは、斜めだったりするのですよね~。

とりあえず確かなことは、斜めか縦かどっちを打つかで、勝率がガラっと変わるほど
オセロは簡単なものじゃない、ということなのでしょうか・・







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私自身も大学時代からネットオセロを始めた口ですが、ネットオセロにも問題点があるのも最近人口が減った原因にあるのでは無いでしょうか?

原因

①極度の嫌がらせ、荒らし

仮レート(本当に初めてと言う意味)
初めて対局してボロ負けして相手の方に暴言

雑魚 下手糞 そして意味無く追い出し等
をされた経験も過去何度も体験しているので本当に嫌な気分になりますので 特に初めての方にとっては オセラー = 常識知らずの機知外集団と思われやりたくなくなる。 

自分自身も今日あるオセラーに1度序盤大ミスしてボロ負けしたら暴言をされ他のIDで再度対局してきて二度目からは流石に返り討ちにしてその後も3局して返り討ちにして三度する前にラストと言って終わったのにしつこく対局しろとか粘着に嫌がらせをされて胸糞が悪くなったりします。 しかも自分が負けているのに気が付かずに下手糞とか対局中言うし心が何処まで心が病んでいる人がいるのかなってたまに思う方がいる。

②マナー①と関連していますが

やっぱりネットゲームするにはそれなりのマナーが必要だと思います。 宜しくお願いします どうも有難う御座いました 等しっかりと言える様に初めてネットオセロをする時には指導してくれる心広い方が居た方が溶け込みやすい。

③出会いサイト紛いに誘う方がいる。

メインでになりますが、女性に即効声を掛けて18禁のお誘いとか平気でされれば流石に若い子供にとっては相当嫌に感じるはずです。

④研究時間の浪費

スリッパさんとか定石に詳しいネットオセラーの方程良く理解しているはずです。 一つの定石に対してゼブラや他のソフトのブックを作ったりして最善手を覚えたりする研究時間もある定石によってはソフト自体の評価が著しく怪しく(ゼブラだと特に辺の取り方)何度も何度も修正して最終的に棋譜を作ると膨大な時間の浪費が掛かります。 そして変化も入れれば新しい変化の定石を覚えるとなると棋譜の量も大量に増え覚えるのも一苦労です。 そうなると他の事が出来なくなります。

⑤学生卒業

そのままの通り 学生時代はそれなりに自由時間がある場合が多く研究も進みますが、社会人となり出稼ぎにいかないとなると 朝8時~夕方5時まで出勤想定しても家に戻ったら結婚している方なら家事育児等もあるのでされに時間が無くなるのでオセロ所では無いはずです。 甘えん坊の彼女がいる場合も同じく時間が無くなる可能性が高いです。

ざっとこんな風な理由もあるんじゃないか?と言うのを書きましたが楽しくオセロをするためにもそれなりの努力が必要なのでそれが気軽じゃないって感じて辞める方も多いのでしょうか。

仮レートが本当に初めてとだと良いが今は狩りレが
増えすぎてることも問題だと思ってます。
仮レを相手する人が少なくなり、本当の初心者は
必然的に相手が少なくなり、そうなると相手は狩レが
多くなりマナーやらにうんざりして続ける気がなくなり、
結果として人口増えなくなったというのが現状と思って
ます。
そのまま続けたとしてもそういう相手ばっかだと必然
として良いマナーは見ないだろうからマナー向上も
する可能性薄いしね^^;

もう少し補足すると潜在的にオセロやる人たちが、
全てネットオセロを続けるかやめるか結論出たとしても
毎年、初めてネットできる年齢になる人たちがいるわけ
なので、本来は減少要因だけでなく増加要因が常に
見込めるはずだと思ってます。(少子化は置いとくとして)
それが増えずに減少していくのは、初心者にとっての
魅力が現状のネットオセロに少ないのが最大の原因
と思ってます。

知的なことは、書けませんが・・・

昨日、ジュニアの大会を覗いて来ました。
この子供達が この先長く オセロを続けてくれるといいなぁと思いました。


 生オセロ大会については、三大都市圏、特に関東では
大会が充実してきたと思うのですが、
一般の人が目にするイベントが少ないように思います。
ロフトの多面打ちのようなイベントが増えれば、
オセロの競技人口は増えるのではないでしょうか?
そういったイベントが増えればよいですね。

囲碁ではクリスタル碁盤があるそうです。
http://starnine.homepage.jp/
囲碁も黒と白でオセロと同じですが、
こういったものがオセロでもあれば使ってみたいですね。

あとバーみたいなところで、オセロ盤を置いてくれたらいいですよね。

はじめまして失礼します

オセロまにあっていうサイトはご存知ですか?
全携帯からできるし、PCからもできる
持ち時間制だしレートもある 棋譜も2ヶ月残るしみんなの棋譜再生し放題 荒らしは皆無 みんな挨拶するしマナーは上々 初級者ロビーもあるから初心者は負けまくるとか(多分)ないし 無差別ロビーは本当に皆強い

ここまで最高の環境でやっと 常連は微増程度なんですよね

こんなサイトばっかりだったらオセロ人口は絶対に増えると思うんですけど…

逆に言うとそんなサイトは他にまず無いですからね…

1つの携帯サイトでせいぜい1、20人くらいが生オセロに行くかもくらいですものね

やっぱりPCオセロサイトが衰退するとオセロ人口は減るのでしょうか

自分の中で定義するネットオセロ人口は減っている印象はないです。寧ろ以前よりは増えたと思います。

僕の中で定義する人口とは、一見さんじゃなくて、とりあえず時間さえあればオセロに足を運んでしまうようなジャンキーさんです。

その点からすると人口で言っても、ハンゲームが無かった頃に比べれば、確実に2倍以上の人口になったと思うし、初心者の域から脱したプレイヤーの数も相当増えました。(要はゲームの本質を追及する人、または気づいた人が増えたという事です。)

一時期ヤフーオセロは凄いってイメージもありましたけど、それもこれも 軍団の対抗戦だとか NOC を始めとしたイベントによってブームを向かえピークに至ったと思ってます。(今は皆が個人主義に走って、ネットオセロは手段にしか思ってないかも知れない。)

テレホから常時接続に変わった頃は、パソコンもストリーミングやオンラインゲームもたかが知れていたし、ボードゲームの他に面白いことが余り無かったりで、オセロに割く時間が大きかったのもピークの要因かも知れませんね。(だってニコニコ動画だとかオンゲーとかのほうがたのs)

正直なところ、さして興味もない人が一時的に1000人いるのと、オセロの面白さを分かってきた人が10人増えたのでは後者のほうが価値があるので、いかに右も左も分からない初心者と交流を図るかが重要なんだと思う。そういう意味ではネットオセロで初心者ともチャットしたりします。

オセロまにあを管理している者です。
初めまして
普段はロム専なので書き込む事はほとんど無いのですが
WARABYさんの書き込みを見て出てしまいました。(笑
ネットオセロは今が旬なのでは無いでしょうか?
以前よりも断然増えていると思います。
生オセロ進出者も徐々に増えて来ています。
もちろんオセロもネットオセロも初心者の方も増えています。
幸いにも常連さん方みんなで支えられる環境ですので
今後も徐々に増えて行くのでは無いでしょうか?

携帯でのネットオセロのみの意見ですが…



携帯のみでネットオセロをやってる人の大会デビュー数は、序々に減っている気がします。。



多分、携帯のみでのネットオセロの利用者や、大会デビューする人が減っている(または減っていく)理由は、
携帯でリアルタイムにネットの向こう側の人と喋れたり、ゲームできたりする環境がここ最近爆発的に増えて、
「携帯でもリアルタイムに相手とチャットやゲームできるんだ!」という衝撃、驚きが薄れてきた事にもあると思います。

僕がネットオセロを始めた理由は、携帯でもリアルタイムに相手とネット上でコミュニケーションを取れる事に驚きを覚えたからです。多分、そういう人も多数いるはず…

というか、数年前の携帯では、ゲームとチャットがセットになっているものはネットオセロくらいしかなかったように思います…。(僕が無知なだけだったかも)
しかし今は携帯でオンラインRPGすら容易くできる環境。
どこでネットゲームをやるか、という選択肢がたくさんあります。

初心者と上級者の壁が物凄くあるオセロは、初心者からしたら多分つまらなく感じる人も多数でしょう。

ならばもっと簡単にできるオンラインゲームがたくさんあるし、他へ行こう。
という事になり、選択肢が多いあまり、オセロに執着する人たちが序々に減っていってるのではないかと思います。

現に、僕の周りでもオセロやめて色んなネットゲームをとっかえひっかえやってる人もいますしね~


長文失礼いたしました(*_*)
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。