スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼブラBOOKから見るタテとナナメの違い

新着オセロブログが無かったので、とりあえず何か書いてみることにしました。
ただ、テーマは 「BOOKから考えるタテとナナメの違い」なので、
非常につまらないと思いますが、何もないよりはマシかな、とも思うので・・


タテとナナメ、白を持ったらどっちを打つのが良いのかな、という話は
よく聞きますよね。
僕はとりあえず両方打てるのですが、
そして両方ともそれなりにBOOKを研究した方だと思うのですが、
タテナナメ両方研究した結果、分かったことは、


タテは白から変化できる引き分け進行が多い(つまり引き分け進行で白からの分岐が多い)。

ナナメは黒から変化できる引き分け進行が多い(つまり引き分け進行で黒からの分岐が多い)。


いくつか例を見てみましょう。

(なお、ここでいう「引き分け」とは、僕のBOOKが暫定的にそうなっているだけで、もっと深く
BOOKを研究すると、もしかしたら白か黒かどちらかが勝つ進行である可能性もあります)

\ABCDEFGH
1++++++++
2++◆+++++
3+○●●++++
4++●●●○++
5++●●●●++
6+++○++++
7++++++++
8++++++++


この進行は、白のタテ取りから始まる虎1(F5D6C4D3C3F4C5B3C2)と呼ばれる展開ですが、
ここからゼブラBOOKをちょちょいと並べてみればすぐ分かる通り、
白から変化できる膨大な数の引き分け進行が存在します。
というか、この時点ですでに白はB4に打ってもE3に打ってもE6に打っても引き分けですしね。

\ABCDEFGH
1++++++++
2++++++++
3++●○+○++
4++●●○○++
5+++●●●◆+
6+++●●●○+
7+++●●○++
8+++++●++


こちらも超有名なコンポスという引き分けの展開ですが、
これもF.A.T Drawをはじめとした白から持ち込める引き分け進行の山ですよね。
もしも、黒がこれらの分岐に全て「暗記」で対処しようとするなら、
それはなかなか大変な作業になると思います。


一方、ナナメ取りの場合は、たとえば有名な裏コウモリの以下の展開

F5F6E6F4G5E7E3G6
\ABCDEFGH
1++++++++
2++++++++
3++++●+++
4+++○○●++
5+++●○○●+
6++++○○◇+
7++++○+++
8++++++++


こちらは逆に、黒がD3に打ってもF3に打ってもD6に打っても引き分け進行になります。


\ABCDEFGH
1++++++++
2++++○◇++
3++++○○++
4++●●●○++
5++●●○○++
6++●+○○++
7++++○+++
8++++++++


これも有名な快速船という定石ですが、こちらはなんと
黒が色々と変化できるどころか、最善手を打ち続ければ黒が勝ってしまうようです。
引き分け形勢を維持するという観点からすると、白から変化の余地は少ないです。

このように、ナナメ取りの場合は、白がタテ取りした場合と比べて、
黒からの引き分け進行の分岐が多い、と言えます。


よって、序盤を覚えきってしまう、研究して暗記しつくす、という観点から言うならば、
白はタテ取りをした方が暗記しやすい、相手に先にマイナスの手を打たせることが
できやすい、と言えるでしょう。
(現に、研究重視な序盤を展開する高段者たちは、縦取りが多いと思います。)


では、白はタテ取りをした方が良いということになるのでしょうか?
たしかに、覚えるという観点から考えるならそうなのかもしれませんが、
タテ取りは良いところばかりではありません。

というのも、あくまでも僕の感覚なのですが、
白はタテ取りをすると、守備的になるというか、窮屈なオセロを展開せざるをえなくなることが
多いと思います。
相手の引っ張りや種消しに耐えながら、最後に偶数理論でまとめるという感じですね。
相手の攻撃に耐えるオセロ=白のタテ取りというイメージです。
なので、裏を返せば、ひとたび研究から外れてしまうと、一手間違うと苦しい、
ということにもなりかねません。


それに対して、白はナナメ取りをすると、自分から引っ張りや種消しをする、
積極的なオセロを展開することができることが多いと思います。
(村上さんの得意なオセロを思い浮かべて頂ければ分かりやすいと思います。)
で、自分から積極的に打ちまわせる展開が多いので、
もしも暗記が外れても、タテに比べて打ちまわしやすいというか、
白にとって分かりやすい展開になることが多いのではないでしょうか。

つまり、ナナメの場合は、白はあまり暗記してなくても大丈夫・・?
は言いすぎでしょうか。


と、いつの間にかBOOKからの考察ではなく、僕の感覚の話になってしまいましたが、
まとめると、

白のタテ取りは、暗記しやすいけど、耐えるオセロになりがち、知らない展開だと難しい

白のナナメ取りは、暗記はしにくいが、積極的に打ちまわせるので、知らなくても戦いやすい(?)


こんな感じでしょうか。
なので、僕は守備的に堅く打ちたいときはタテ取りをして、勝負に出るときはナナメを打つ
ことにしています、最近ナナメは大会ではあまり使わなくなりましたが…。
(そしてもちろん、オセロにおいて序盤の研究はほんの少しの要素に過ぎないということを
付け加えておかねばなりません)


お話は以上です。
後半からはあくまでも僕の感覚の話になっているので、
みなさんの感想もお待ちしてます('-')ノ






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

縦取り>>>(越えられない壁)>>>斜め取り
これが現実。

縦だけに盾のオセロですか・・・(ノノ)

斜めは基本嫌いです(>_<)
黒で打つ時も相手が縦取りして来たほうが嬉しいですね…

大筋ですりっぱくんの意見に同意です。
ただ、白斜めの場合も一部定石で、知らないと詰められかねないとは思います。
具体的には飛び出し定石。私も遊びでたまに斜めを打ちますが、飛び出しされるとさくっと詰まれることが多い気がします。

白縦は最善進行の選択肢が多い。
白斜めは-4くらいの定石の選択肢が多い。

こんな印象です。

すりっぱさんが言う様に 縦は、自分から変化する展開を打つ方が少ない気がします。(特にネットだと・・・) そしてコンポスやFJT等有名なドロー定石等も白からの受けがいくつも分岐されておりそれを重点的に暗記している縦受けオセラーが多く、特に高段者がよく使うコンポス等は、白最善受けが簡単な割には黒の最善を打つのが低段者で暗記が少ない人間では考えられない手が多く存在するため嫌な気分になるので個人的にも先に変化させる手を覚えざるを得ないというのが個人的な意見です。 ローズ系は、白はほぼ暗記しないと詰まされる言う気もします。 白斜め打ちですが、裏蝙蝠 蝙蝠 飛び出し 狸 の一部は、しっかりと序盤暗記をしないと20手以内に即効に詰まれる展開が多く白受けも難しいのでゼブラの最善よりは次最善の-1~-5を自分から変化させた方が相手も知らない場合が多く中盤劣勢にならないのでは?

自論から言えば

縦は、白序盤の最善受けの暗記がしやすい
斜めは、白最善受けが縦より暗記が難しいので白から変化してた方が詰まれなくよりやりやすい

と言うのが低段者なりの個人的な意見です。

私も縦斜め両打ちタイプなので、興味深く読ませていただきました。
私の感覚はしんさん(もちろんすりっぱさんベース)の意見がずばりですね。

研究勝負ならば縦
読み勝負ならば斜め
しかし飛び出し・蛇(タヌキも?)は即死があるので最低限の研究要

でしょうか。

縦の場合は虎・うさぎが大きな柱で馬・羊・猫が少々。
斜めの場合は牛・飛び出し・蛇・バッファローと大きな柱が4つもあるので、覚えるのは厳しいなぁ、と。
しかし、斜めの場合は、どれも白の受け方が1つではなく、それぞれに対応する黒も結構きついので、読み勝負になりがちと思っていたりします。
あと、今はゼブラBOOKを育てている人がたくさんいるのかもしれませんが、昔のゼブラBOOKは縦の方が豊富だったと思うんですよね。なんでこんなところで切れているのだろう、と思うものが斜めにはたくさんあった。
というようなこともあって、こんな感覚を持ってます。
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。