スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくあるスポーツ選手の・・・

サッカーとか野球などスポーツ選手が、
シーズンの優勝や自分の記録について聞かれたときに、

「目の前の一試合一試合を戦うだけです」

みたいな感じでよく答えますよね。

これって僕は、スポーツ選手の一流の謙遜であって、
それ以上の深い意味や真実は含まれていないと思ってたんですが、
最近はどうもそういうことではないということに気付きました。
それは彼らの本心で、
またそう言うことに意味があるんだと、分かり始めたのです。

というのも、たとえばトーナメントの準々決勝で、
次の準決勝の相手のことを考えるような心理状態だと、
きっとその直近の試合に良い影響は出ません。
つまり、負けられない試合が何試合続くような戦いでも、
あと何試合を勝ち続けなきゃダメとか、そういうことを
考えるメリットはどこにもないということです。

そうなると、仮に10試合を全勝しなきゃダメな状況だとしても、
結局そのことは考えずに、目の前の一試合一試合を淡々と
こなしていくのがベストということになりますよね('-')

だから、一試合一試合を戦うだけです、はスポーツ選手にとって
本心かつ最善の選択なんだと思います。

でも彼らも人間なので、どうしても雑念や負けへの不安は
拭いきれないので、インタビューとかでそうやって答えることで、
自分自身に言い聞かせているのではないでしょうか。


・・・オセロをずっとやってて、今になってこのことに気付くとは、
ちょっと遅すぎですよね(-_-)
僕も、目の前を一試合一試合を戦っていくことが今の自分に
できる全てな気がするので、見習いたいところですね('-')


さて、昨日のおまけ問題(?)の答えですが、
まずもう一度局面を見てみましょう。

\ABCDEFGH
1+●●●●●++
2++●○●○○○
3+●○●○○○○
4●●●●○○○●
5●●○○●●○●
6●●●○●●○○
7●●○○○○○◇
8●●●●++●●


普通に石をとっていくとかなり偶数が効きそうな局面ですよね、
ちょっと石を稼ぐために工夫をしてみたい局面です。

そこで、4石勝ちできる手順と、2石勝ちできる手順を
紹介したいと思います。
この手順以外は、どれも細かく白足りないようです。

まず、2石勝ちできる手順なんですが、
黒G1→白H1→黒b2です。(下図)

\ABCDEFGH
1+●●●●●●○
2+◆●○●●○○
3+●●●●○●○
4●●●●○○●●
5●●○○●●●●
6●●●○●●●○
7●●○○○○●○
8●●●●++●●


こしあんさんのコメントの通り、
白はA1と打つと、ホワイトラインが取れずかつ左上が
2個空きハイパー偶数で良いことがないので、
白はF8でG7の石を白くして、A1と打ちホワイトラインを取りたい
ところですが、
その場合下辺の2個空きを白→黒と打つことになるので、
やはり白はあまり美味しくありません(これで黒2石勝ちです)

数えやすいですし、人間に分かりやすい手順なので、
実戦ではこの手順を見つければ問題無しだと思います。

で、もう一つの4石勝ちの手順は、なかなかテクニカルなことをします。

まず、初手黒B2→白A1→黒G1→白H1とちます。
一見、この展開は白の偶数理論にはまるだけに見えますが・・・

\ABCDEFGH
1○○○○○○○◇
2+○●○●●○○
3+●○●●○●○
4●●●●○○●●
5●●●○○●●●
6●●●○●○●○
7●●○○○○●○
8●●●●++●●


ここで、黒にすばらしい手順があります、
考えてみて下さい('-')


正解は、黒A2!→白A3→黒F8E8連打!ですね。
G1でG6の石を黒くしているのが効いています。
問題図からこの手順を発見できた方は、
とても終盤が強い人だと思います('-')

N山さん、こしあんさん、くらさん、いぇのくん、newk君、
コメントありがとうございました('-')
こしあんさんとnewk君が、それぞれ得意そうな手順ですよね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

眠いのかな…?色々間違いが|ΘДΘ)ハラハラ


先の試合を考えるより、目の前の一試合が大事という考えなら、一番大事なのは次の一手デスネ


当たり前だすが、一手を疎かにしてるんじゃ話にならないだすね

でも「じゃあ大事にしてるの?」と聞かれて速答できないおらは話になりませんというお話デシタ|ΘДΘ)

がめんがさい、目につく箇所は
直しておきました。

 昔、囲碁の藤沢秀行も、「7番勝負といっても関係ない。一局、一局の積み重ねだ」と話しておりました。そんな藤沢氏はタイトル戦で3連敗4連勝を2度行なっております(やられた事も1回)。
 棋士にとって理想的な姿なのでしょうね。

なるほど(^_^)オセロも、スポーツと通じてる所が、沢山あるんですね(^O^)

オセロ始めたばかりの頃に、何を勉強したらいいか分からなくて、ある人に尋ねた時の事を思い出しました^_^;、
その時に言われた言葉が、スポーツ選手でも、オセロでもそぉ、基礎が1番大事だって(^_^)
だけど基礎を理解するのが1番難しいと言ってました
今だに基礎が理解出来てない気もしますが(^^ゞ

スポーツ選手も日頃の基礎練習を怠らないから、あんな素晴らしいプレーが出来るんでしょうね(^_^)
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。