スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題#66の答え と 機材が届きました。

昨日、適当にテンプレート探して再模様替えをしましたが、
このデザイン、個人的にとても気に入りました。
僕の抱くこのブログのイメージにピッタリだからです!
怪我の功名というやつでしょうか、いかかでしょうか。


今日、例のレコーディング機材一式が自宅に届きました。
試しに色々と録ってみましたが、音は格安で機材を揃えた割りには
まずまずかなーと思いました。
ただ、機材を使い慣れてないこともあり、このブログに
こんな演奏が録れました!的なものを載せるほど興奮するような
良い音色は取れませんでした。謎
特に、音が小さいんですよね~ただ、これは機材の限界ではなくて、
自分が録りなれていないだけだと思う(そう信じている)ので、
また良いギターの演奏が録れればここにも載せていきたいです('-')

さて、慣れない非オセロな話題を書くと落ち着きませんね、
オセロの話に戻ろうと思います。笑

昨日の問題の答えですが、
手順というよりは、初手が2通りですね、やや舌足らずでした。
初手黒G7かH7で、隅を捨てることによって
逆偶数で簡明に勝つことができます。

下図は、黒G7→白H8となった盤面です。

\ABCDEFGH
1++●●●●●+
2○○●●●●++
3○○○○○○○○
4○●○○○○○+
5●●●○○●○○
6●●○○○○○+
7●●●●●●○+
8○○○○○○○◇


あとは、黒H2→白H1→黒G2と打てば、次に白はB1に打たないと
H4に着手できないのが
、ポイントになります。(下図)
よくある逆偶数の手筋ですよね('-')

\ABCDEFGH
1++●●●●●○
2○○●●●●◆○
3○○○○○●●○
4○●○○●●○+
5●●●●●●○○
6●●●●○○○+
7●●●●●●○+
8○○○○○○○○


あとは、白B1→黒H4で、A1が黒の余裕手になり、逆偶数で
簡明に黒が勝つことができます。(下図)

\ABCDEFGH
1+○○○○○○○
2○○○●●●●○
3○○○○○●●○
4○●○○●●●◆
5●●●●●●●○
6●●●●○●○+
7●●●●●●○+
8○○○○○○○○


ちなみに、白H8の後に黒G2からでも同じように逆偶数で黒が勝てますが、黒G2→白H1でブラックラインを取られる分、上記の最善手順よりも
6石損になります。(それでも8石勝ち形勢ですが・・・)

初手黒H7でも、石損ですが同じような手筋で勝つことができます。
黒H7→白H6→黒G7→白H8→黒H2!ですね。(下図)

\ABCDEFGH
1++●●●●●+
2○○●●●●+◆
3○○○○○○●○
4○●○○○●○+
5●●●○●●○○
6●●○●○○○○
7●●●●●●○○
8○○○○○○○○


これだけ捨てても勝てちゃうんですから、やはり
黒の逆偶数の効果は絶大だと思います。


で、問題は、なぜ最初からG2やH2に着手したらいけないのか
ということですね。
逆偶数にするにはH8を白にあげる必要があるんですが、実戦では
意外と正しく打てる人は少ないんじゃないでしょうか。

その理由は、白に着手可能なG7を空けておくと、右上を処理した後に
白にG7に着手されて、逆偶数にならず、偶数形になるからです。
たとえば、黒G2→白G7の場合で、以下の局面です。

\ABCDEFGH
1++●●●●●+
2○○●●●●●+
3○○○○○●○○
4○●○○●○○+
5●●●●○●○○
6●●●○○○○+
7●●●●●○◇+
8○○○○○○○+


ここでさっきと同じようにH2→H1としても、右下が
四個空きなので、偶数理論にハマってしまうことになります。

また、初手黒H2→白H1→黒G2でも、次に白G7!と打たれると・・・

\ABCDEFGH
1++●●●●●○
2○○●●●●●○
3○○○○○●●○
4○●○○●●○+
5●●●●○●○○
6●●●●○○○+
7●●●●●○◇+
8○○○○○○○+


右下が四個空きなので普通に偶数形ですね。

それに対して、正解手順の形をもう一度見てみます。

\ABCDEFGH
1++●●●●●+
2○○●●●●++
3○○○○○○○○
4○●○○○○○+
5●●●○○●○○
6●●○○○○○+
7●●●●●●○+
8○○○○○○○◇


この形だと、黒G7→白H8の交換をしたおかげで、右下が白からは着手できない形になっています。
なので、白は右上を処理した後に、右下に着手できずに
B1に置くしかなくなるので、逆偶数が成立するというわけですね('-')

これは、強い人が負けを悟ったときにつぶやく、
「一手足りない・・・」という現象の一つだと思います。
黒の終盤で、一見偶数理論にはまりそうだけれども、
今回のように少し工夫することで逆偶数になるケースは多いので、
常にそういう筋を探しながら終盤を打つのが大事ですよね。
特に、白に着手できるところが限られているときは要注意です、
黒から白の手を強制することで何かできることが多いです。



ohtello_tora_sanさん、hipoさん、虹色さん、オセロ人さん、
コメントありがとうございました('-')

>hipoさま
うん、とりあえずどんなんでもいいから毎日何かしら局面を
載せるのが、ウリです('-')

弟子じゃないんですか、ちょっと残念><
でも、人生何があるかわかりませんから・・・謎

問題のペースは、僕みたいな暇人意外には早いと思うので、
どうぞ好きなときに考えて下さい~ただ、
ほぼ毎回書いて頂けるつわものもいらっしゃいますが・・・笑

>虹色さん
ですね、ワショーイ('-')

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ふむ・・・確かに見た目は綺麗だけど読みにくいです・・・モソ

前のやつよかよくなったじゃないですかねぇ?(個人的に・・・)
でも読めるかどうかは個人個人ちがいますからねw
でも、これ、なかなかいかしてるなぁ~
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。