スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題#55の答え と 鳥インフル

2月になりましたが、あとちょっとこのデザインでいようと思います。
みなさんで、ドヨーンとした気分を共有しましょう。

(´_`)

明日こそ模様替え!


鳥インフルエンザが今、世間で騒がれていますが、
そもそもインフルエンザって、ほぼ全部元は
鳥が持ってたウィルスだったそうです。
つまり、いうなればインフルエンザ自体が鳥インフルエンザ><

・・・。

明るい話題(?)もあります。
ブログの連続更新記録です。
オセラーらしくカウンティングしてみたところ、
今日の記事で15日目なんですが、20日連続で更新した記憶は
ないので、もうそろそろギネスに載るかなと思っています。


さて、昨日の問題の答えですが、
正解は、黒G2!から打つ手順になります。
もちろん数える局面だとは思うんですが、
読みの観点からも、落ち着いて考えればこの手が最善手であることが
分かります。

まず、問題の局面をもう一度見てみましょう。

\ABCDEFGH
1+●●●●+○+
2○+●○●○+●
3○●○○○○●●
4○○●○●●○●
5○○○○●●○●
6○○●●●○○●
7++●○○○○●
8+●●●●●●●


この局面のポイントは、左下の形です。
普通に偶数理論通りに進行すると、左下は奇数空きなので先に
白が先着することになりますが、
左下で白が打てるのはG7だけです。
で、白がG7と打つと、黒はG8と抜き返す手順によって、
7列を全部抜けば、黒足りそう…と思い至るでしょう。

んで、それを実現するために、黒は上の五個空きに先着すべし
ということで、多くの人には最初に黒F1が浮かぶと思います。
(一緒に検討した方たちも、みんなF1でした)
黒F1→白A1→黒b2→白B7…と打たせる構想です。

しかし、黒F1→白A1→黒b2→白B7となった局面が以下の図なんですが、

\ABCDEFGH
1○○○○○○○+
2○●●○●●+●
3○●●○○●●●
4○○●●●●○●
5○○○○●●○●
6○○○●●○○●
7+◇○○○○○●
8+●●●●●●●


このあと、黒A7→白A8→黒パス→白G2でラインがブラックラインが
通ったままになるので、黒は最後にA1に着手できません。
問題図から8個空きなので、これは時間があれば数えられると
思うんですが、黒F1→白A1→黒b2→白B7→黒A7→白A8→黒パス→白G2
で終局すると黒31-白32で、黒勝てません。

その進行を避けるため、上の図で黒A8と打って、
以後白A7→黒パス→白G2→黒H1とすると、ブラックラインは黒が
取れますが、白が7列を守ったのが大きく、
この場合は32-32の引き分けになります。

つまり、問題図で初手F1だと、
良くても引き分けということになります。
1石負けを数え切れなくても、白B7→黒A7→白A8と左下を処理した後に、白G2と打たれると黒はH1に打てないことを読めさえすれば、
初手F1には灰色をつけることができるとは思います。

そこで、それを避けるためのもっと良い手が、
初手G2で、問題図で唯一黒が勝てる手です。

\ABCDEFGH
1+●●●●+○+
2○+●○●●◆●
3○●○○○●●●
4○○●○●●○●
5○○○○●●○●
6○○●●●○○●
7++●○○○○●
8+●●●●●●●


普通はあまり打つような手ではないので、発見しにくいかも
しれませんが、
白H1→黒F1と交換させることで、E2F2G3の中辺の石を黒くできるのが
まずはポイントです。
上辺を捨てることに関しては、他の進行でも結局そうなるので、
損ではありません。
で、黒G2→白H1→黒F1→白A1→黒B2と進行すると、

\ABCDEFGH
1○○○○○○○○
2○◆●○●●●●
3○●●○○○●●
4○○●●○●○●
5○○○○●●○●
6○○●●●○○●
7++●○○○○●
8+●●●●●●●


白はB7に打つしかなく、次に黒はA7で七列をがっぽり取れます。
また、先に右上を処理してるので、H1に黒が着手不能…
なんてことももちろんありません。

↓黒G2→白H1→黒F1→白A1→黒B2→白B7→黒A7→白A8の終局図(黒6石勝
\ABCDEFGH
1○○○○○○○○
2○●●○●●●●
3○●●○○○●●
4○○●●○●○●
5○○●○●●○●
6○●○●●○○●
7○○●●●●●●
8◇●●●●●●●


白はこの白B7→黒A7→白A8を避けるために、
黒F1の後に先にB7に着手するのが最善なんですが、(下図)

\ABCDEFGH
1+●●●●●○○
2○+●○●●●●
3○●○○○○●●
4○○●○○●○●
5○○○○●●○●
6○○○●●○○●
7+◇○○○○○●
8+●●●●●●●


これでも、以後黒A8→白A1→黒A7→白B2で黒の4石勝ちになります。
(黒白黒白よりも、黒黒白白の方が黒には良いという例のあれです。謎)


さて、ちょっと長くなってしまいましたが、
この盤面では数える重要性も大事なんですが、その時間が終盤に
残ってるとは限らないので、まずは最後まで読みきる、
んで問題があればそれよりも良い進行がないか探す、ことが
重要だと思いました。
あと、時にはG2のような意外な手も候補になるということも
頭の片隅に置いておく必要がありそうです。


ゆぐくん、ノリ坊さん、からおけさん、くららさん、くじらさん、
二重スパイとだっちさん、つかささん、コメントありがとう
ございます('-')

>ゆぐ君
僕にはF1はダメとわかっても、G2を発見することは
できなそうです… 笑
頭かたいからなぁ…

>ノリ坊さん
難易度は多分参考程度・・だと思います。
ちなみに、Dというのもかつて一回だけ作ったような気がしました。

>からおけさん
思考の過程(間違った→訂正)みたいなコメントもつけていただけるのは、僕にとってはありがたいことです!

>くららさん
タイミング良く8個空きを用意できてよかったです><

>くじらさん
めがねは、いつものところにあるに決まってるじゃないですか><

うーん、見たところ、全部。謎
全然関係ないんですが、朝コメントをくれる方が意外と多いということ
に最近気づきました。行きの電車の中とかで携帯から
書いて頂いたりしてるのかな…

>つかささん
たしかに、つかささんならこの局面、平然とG2に打つ気がする…笑
んで、僕がぎょって・・・><
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こういうのって問題にした時点で実戦より解きやすくなりますね(笑
こういうのですぐf1とg2を同等の候補にできる人は強いと思います。でg2を候補にできさえすれば後は割りと簡単かもしれませんね。まあ観戦で見たときはg2ってすぐ候補にできなかったなあ。σ(^^;)も精進が足らない(笑
f1で数え終わった後で間を置いてから気づいたし、実戦だとあの時間消費でたどり着いたんじゃ持ち時間微妙だね。
終盤では「検討する理由」の感覚が大事だと改めて思いました。

インフルエンザ・・ふむふむw 豆知識だぁ
明日には模様替えするのねーブログから変えたら気分も明るくなるかもだよ^^w 詳しく説明してくれてるから覚えてなくても分かりやすくてうれしいですb オセロの打つときの考え方とかも参考にさせてもらいます~。 新しいブログ楽しみにしてるよー♪

自信満々にf1に打って負けると思います><
模様替えをしてスパイラルを切り抜けよう ナゾ
ってまた問題じゃないときにコメントしちゃったw

ちなみに僕は深夜にブログを更新する人が多い気(勘違いかも)がするので、朝チェックしてます!
コメントは夜でもいいんですけどね 潮

7777番取りました><。
何かプレゼントくださぃ☆

東京へギター持って遠征するのですね(*'_')
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。