スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転するために・されないために⑥ 最終回スペシャル

さて、最終回です。

\ABCDEFGH
1++◇○○○++
2++○○●○++
3+○○●○●●+
4+○○○●●●●
5○○○●●○●●
6○○●○○○●●
7++●●○●++
8++●●●●●+


さて、この局面ですが、僕は黒はA3かG2の二択だと思っていました。
A3は、E7の白石をひっくり返す手なので、
中辺が一色になって、A3→白A4→黒A7の後に白B7と打てるので、
A3からの進行は白が勝てそうです。

黒G2に対しては、白G1→黒A4→・・・?という感じでした。

しかしここで黒はA4!これはずばり最善手でした。

以下は黒A4が最善手である根拠の分析です、
ややこしい上に、僕もソフトで教えてもらったにすぎないので
めんどくさい方は読み飛ばしてください('-')

黒A4が最善である根拠は、ソフトで調べたところ、
黒A4白A3の交換を入れずに黒G2→白G1→黒A4→…
と進めると以下のような局面になり、

\ABCDEFGH
1++○○○○○+
2++○○●○●+
3+○○●○●●+
4◆●●●●●●●
5○●○●●○●●
6○○●○○○●●
7++●●○●++
8++●●●●●+


ここで白B7という手が、簡明な白勝ち筋らしいです。

\ABCDEFGH
1++○○○○○+
2++○○●○●+
3+○○●○●●+
4●●●●●●●●
5○●○●●○●●
6○○●○○○●●
7+◇○○○●++
8++●●●●●+


うーん、たしかに、という感じですね。

これに対して、初手A4で先に黒A4白A3の交換をしておけば、

\ABCDEFGH
1++○○○○++
2++○○●●◆+
3○○○●○●●+
4○○●●●●●●
5○●○●●○●●
6○○●○○○●●
7++●●○●++
8++●●●●●+


という局面になり、ここで白がB7とうっても白は勝てません。
つまり最善進行だとこの局面でのB7を消していることになります。


1++○○○○○+
2++○○●○●+
3+○○●○●●+
4●●●●●●●●
5○●○●●○●●
6○○●○○○●●
7+◇○○○●++
8++●●●●●+
これだと白勝ちですが

\ABCDEFGH
1++○○○○++
2++○○●●●+
3○○○●○●●+
4○○●●●●●●
5○●○●●○●●
6○○●○○○●●
7+◇○○○●++
8++●●●●●+
こっちだと黒勝ちです。

難しいですね、並べてみないととても分かりそうにないです。


さて、話を戻します、黒が最善手A4を打った局面が下図

\ABCDEFGH
1++○○○○++
2++○○●○++
3+○○●○●●+
4◆●●●●●●●
5○●○●●○●●
6○○●○○○●●
7++●●○●++
8++●●●●●+


ここで白A3→黒G2となる展開が、勝ちに見えませんでした。
黒G2のあと、白G7なら、黒B7で非常に微妙と判断しました。
時間と空き数の関係で、数えることは断念。
しかし実際はこの展開を選べば白2石勝ちだったようです。

想定進行は下図↓(あとでソフトで調べてみると白+2でした)

\ABCDEFGH
1++○○○○++
2++○○●○45+
344○○●○●●+
4◆●●●●●●●
5○●○●●○●●
6○○●○○○●●
75047●●○●46+
84948●●●●●+

なのでとりあえず保留にして、今度は白A3→黒G2に対して
白G1を考えたんですが、これは黒にA2とウィングを攻める手と、
B7でもう片方のX打ちをする手が残っているので、
これは勝ちに見えませんでした。(しかし実際は引き分けだそうです…)

想定進行は漠然と下図のような感じです↓

\ABCDEFGH
1++○○○○46+
247+○○●○45+
344○○●○●●+
4◆●●●●●●●
5○●○●●○●●
6○○●○○○●●
7++●●○●++
8++●●●●●+


なので、白A3黒G2に対しては白B7で引き分けぐらいかなぁという
灰色マークをつけて他の手を捜しました。
(実際はこの手順が白の唯一の勝ち筋だったようです、白2石勝ち)

そこで浮かんだのが、白からブラックラインを通しにゆく
白H3で、これだといけそうな気がしたんですが、
それは幻想でした。笑 (6石損の白4石負け形勢のようです)
しかし、黒はいったんはA3と見逃してくれて、
以下の局面に。(A3は4石損で、引き分けの形勢)

\ABCDEFGH
1++○○○○++
2++○○●○++
3◆●●●○○○○
4●●●●●●○●
5○●○●●○●●
6○○●○○○●●
7++●●○●++
8++●●●●●+


まさかここで白A2なんて打つ人はいませんよね…

・・・ここにいました。><

あっけない幕切れで、ここまで読んでくれた方には
申し訳ありません。笑

と、ラインの読み間違えで結局は30石差ほど差のつく
完敗になってしまったんですが、自戦反省はここまでにしまして、
(一回やってみたかったんです、がめんがさい><)

今日の一連の話から得られる教訓として、
最後の逆転するコツは、

ホワイトライン・ブラックラインの通し合いが関わる終盤に
 持って行く


ということです。
たとえば同じ+10の局面でも、ラインの通し合いが絡むと
一手間違うだけで形勢がひっくり返るので、
人間的にはそっちの方が圧倒的に逆転しやすくなります。

なので、優勢な方が逆転されないためには、できるだけラインの
通し合いにならないような安全な終盤に持っていくことが、
ドキドキせずに勝つコツなのかもしれませんね。


さて、最終回ということでとーっても長くなってしまいましたが、
京都例会5回戦のみみ君戦を題材にした
「逆転するために・されないために」シリーズは
今日で完結です。
しかし、散り散りになった「逆転するため・されないための方法」
をまとめないと分けワカメだと思いますので、
次回はそれをしたいと思います。

みみくん、ご協力ありがとうございました。
・・・すりっぱポイント+12!?謎


にしても、自戦解説なんてやるものではないですね、
毎大会と毎試合ごとにこんなことやってると、それだけで
人生が終わってしまいそうです…(この試合とか途中からでこれやもんなぁ)


くららさん、いわっちさん、すろーりーとだっちさん、
からおけさん、みみくん、コメントありがとうございました('-')

>くららさん
たしかに、いつの間にか黒目線…笑
でも、白にとってはマゾっぽい局面ですよね、これ…

>いわっちさん
そういえば最近為替の取引をしていません、
精神的に弱いときは為替にも手を出さない方がいいと思うからです 謎

>すろーりーとだっちさん

\ABCDEFGH
1●●○○○○++
2○●●○●○++
3○●●●○●●+
4○●○●●●●●
5○●●●●○●●
6○●●●○○●●
7○+●●●●++
8◇+●●●●●+

うおおお、たしかに!!

>からおけさん
はい、さすがぬるぬるとだっちさんです。謎

>みみくん
といれは、生理現象なので仕方がない…
とバイト先で仕事中にしょっちゅうトイレに行くおばちゃんも
言ってました。

相手の選択肢を増やす・相手の時間を減らす・終盤をラインの通し合い
にする、は全部セットな気がしますね('-')

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。