スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想文

今日は、最近読んだ二冊の良いオセロ関連書籍を紹介します。


1、中部オールスター戦棋譜集


中部のオールスター戦の全ての試合の棋譜が掲載された棋譜集です。

まず、オールスター戦ということで棋譜の質が良く、

全試合に選手自身の詳細な(ほんとに詳細な)コメント、

さらに選手がそれぞれ選んだベストゲーム一局についての詳細な解説が掲載されています。

詳細って連呼しましたが、ほんとに詳細なので面白い。

僕が見た感じ、選手全員が必ずしも絶好調ではないように思われたのが

唯一アレな点なのですが、

それでも全てのオセラーにとって鑑賞する価値が十分にある棋譜集なことは

間違いないでしょう。


・・・と、これだけでも十分にすごい棋譜集なんですが、

さらに特筆すべきは、この棋譜集の編者である松本四段が記された

超詳細(!)な自戦記が33Pも掲載されていることです。

これは読んだ方は分かると思うのですが、

対戦中の思考や心理までリアルに描写されていて、

「有段者が対局中にどこまで考えていて、どこまでは考えきれていないのか」

が非常にはっきりと分かる構成になっています。

これがほんとに良くてですね、

僕らのようにある程度熟成した(?)オセラーにはもちろんのこと、

今まさに強くなってる途中の級位者や低段者の方々にも

是非ご一読をオススメします。

(僕もいつかこういうのを書いてみたいなーと思うのですが、

対局中にあまり深く考えていないので無理ぽ。)


あと余談ですが、この棋譜集には僕も2ページほど寄稿させていただいております。

自分が書いたことが本の一部になるのは、やっぱり嬉しいですな。





2、たのしく上達図解オセロ


ご存知、中島八段が記されたオセロの入門書です。

ちょっと今、手元に本がない(大学院の研究室に置いてある)ので

うろ覚えの記述になっちゃうんですが、

オセロのルールから偶数理論やストナーなど応用戦術まで学べる構成になってます。

さて、この本は初心者の方にオセロを教えるときの教科書にと思って

買ったのですが、

今までの入門書と違うと思ったのは、

「引っ張り」という言葉が全く出てこないことです。

普通、オセロの基本戦術といえば「中割り」と「引っ張り」ってよく言われますが、

この本では最も基本的な考え方として「手数」の概念が解説されて、

その後に「手数」の応用として中割とか開放度の説明が出てきます。

「引っ張り」の解説が直に出てこないのは、「手数」の考え方を用いると

引っ張りっぽいことは自然にやるだろう、ってことなんだと思います。



この解説の順序(引っ張りは解説しない)が初心者にとって

分かり易いのか分かりにくいのかはまだ試してないので分からないのですが、

僕はこの本を

オセロに「引っ張り」から入ってしまった人(すでに初心者ではない人)

に是非薦めたいです。

オセロに「引っ張り」から入ると、ある程度強くなってからも

どうしても第一感で強引な手から先に見えてしまって、

筋が悪くなってしまう傾向があると思うんですよね。

この本は、オセロの基本は手数で、中割りなど全ての手筋(引っ張りも含む)は

全部その考え方に基づくんだよ、ということを一から教えてくれるので、

それまで「引っ張り」の手ばっかり見えていた人にとっては新鮮で、

第一感が自然な手に変わるかもしれません。

実は僕もオセロに「引っ張り」から入ってしまった人間で、

さすがに最近は中割りの手もちゃんと打てるようになりましたが、

今でも強引な手が第一感で見えちゃうことが多いんです。

で、この本を読んだら、ちょっと第一感の感覚がよくなったような気がしました。

(気のせいかもしれませんが。)


もちろん、自然な手がかならずしも良いわけではなくて、

状況に応じて強引な手も打っていかないといけないのですが、

自然な手がちゃんと見えて悪いことはないと思います。

ついつい強引な手が見えてしまう、引っ張って後でカウンターを食らってしまうという

級位者、低段者の方には是非この本をオススメします><

新しい感覚が身につきますよ!



・・・と、ここまで書いといてアレなんですが、

ほんとにこの本って引っ張りの記述が全くないんでしたっけ。笑

いま手元にないので確認できなくて、間違っていたら申し訳ありませんなのですが、

多少あるとしても、あくまでもメインは手数→中割り の流れで

あることは変わらないと思うので、

今日書いたことはちゃんと当てはまるはずです。

ということで。




>白虎さん

おつかれさまでしたー

いやいやたまたまでございまするよ。

王座戦ではまた昇段できるように頑張って!

あとあっちにも書いたけど、ネットで見かけたらrunoth送りまーす
スポンサーサイト

全日本選手権

前回の件ですが、やっぱり無理でした。

でも締め切りを4時間オーバーしただけで済んだので、

まぁ良しとすることにします。

ってか、良いですよね? 謎



ということで、締め切りを犠牲にして全日本選手権に出場してきました。

成績は2回戦敗退の4-2で、イマイチな成績ではあったのですが、

ここ最近のめじゃー大会での成績が出来過ぎだっただけで

まぁこんなもんでしょう。

むしろ、内容的には6戦全部をしっかり打つことができて満足でした。

特に5~6回戦は集中して対局に臨むことができて、

最近忘れていた「勝利への執念」みたいなものを思い出せた気がします。

(とかいって、3日後にはもう忘れてるんですが><)

これはほんと大事ですからねー



さて、次は王座戦ですね。

来年のリベンジができるように頑張ります。










あ、間違えた去年・・











>にゅーく君

締め切りも全日本も両方大丈夫じゃなかったという・・


>いわたさん

同じく英語発表だったので大変でした。
そして僕はへたれなので本文の通り間に合わず。

まぁ一昔前は、床でPC広げてる人けっこういた気がしますしね 笑
携帯で解析できるようになってからちょっと減った気がしますが・・


>かのうさん

それをするつもりが、オセロに精を出してしまったせいで無理でした。
人生よりオセロを選んだ僕らしい振る舞いだったとおもいます><

まぁ↑にも書いたように、一昔前はいっぱいいましたから・・
最近の安くてちっちゃいPCは便利ですよねー

全日本前緊急アンケート

おひさしぶりです。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/84841


↑まずはこちらをごらん下さい



みなさんは、きのこの山とたけのこの山、どちらが好きですか・・?



ちなみに僕はきのこの山に一票
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。