スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然ですが自戦解説②

何かショックなことがあると色んなことのモチベーションに影響が出すぎるのが

僕の悪い癖の一つだと思うのですが、

とりあえず気分転換にブログをかけるぐらいには回復しました。



ということで遅くなってしまいましたが前回の自戦解説(vsコブラの有能コンピ)

の続きです。

まず、前回は次の盤面で終わっていました。


F5D6C4G5C6D3E6B4F4F6E3C5G4D7B5C7C2E2C3F3A5A3B6E7G3A4A6A7H6B3G6C1D1D2B1F1B2H4F7F8G7
\ABCDEFGH
1+●●●+○++
2+●●○○+++
3○●●○●●●+
4○●●●○○○○
5○●○●●○○+
6○○○○●●●●
7○+○○○○◆+
8+++++○++



ここまでほぼ構想通りで、

白F2に対して黒E1と当てれば勝勢だと考えていました。(その理由については後述)

ただ、ここで気になったのが白H3で、このときはここに打たれるとどうしようと

思っていたのですが、コンピはF2と打ってきました。

ここでは助かったと思ったのですが、(ただコンピはこの時点で完全読みに入ってるので

そこに打たないのは必ず理由があります)

あとで解析したところ、白H3に対しては黒H5という大胆な応手があることが

分かりました。

(参考図) 白H3→黒H5

\ABCDEFGH
1+●●●+○++
2+●●○●+++
3○●●○○●○○
4○●●●○○●○
5○●○●●●●◆
6○○○○●●●●
7○+○○○○●+
8+++++○++


この手によって白はホワイトラインを切ることができず、

右上が偶数空きなので白黒白黒白黒と打っても次に右下に打たざるをえなくなるので、

黒が勝勢なようです。


コンピはこれを見越して、F2に打ってきました。

これに対して黒は予定通りE1と打ち、以下の局面に。


F5D6C4G5C6D3E6B4F4F6E3C5G4D7B5C7C2E2C3F3A5A3B6E7G3A4A6A7H6B3G6C1D1D2B1F1B2H4F7F8G7F2E1
\ABCDEFGH
1+●●●◆○++
2+●●●●○++
3○●●○●○○+
4○●●○●○○○
5○●○●●○○+
6○○○○●●●●
7○+○○○○●+
8+++++○++



この局面で僕は、黒勝勢だと思っていました。

というのも、次に白はH8と打ってきますが、(下図)


F5D6C4G5C6D3E6B4F4F6E3C5G4D7B5C7C2E2C3F3A5A3B6E7G3A4A6A7H6B3G6C1D1D2B1F1B2H4F7F8G7F2E1H8
\ABCDEFGH
1+●●●●○++
2+●●●●○++
3○●●○●○○+
4○●●○●○○○
5○●○●○○○+
6○○○○●○●●
7○+○○○○○+
8+++++○+◇


ここで左下の6個空きとG8の空きマスを合わせた七個空きが、

白から入れない奇数空きになっていることがミソです。

なので、右側の7個空きを黒→白→黒→白→黒→白→黒と打っていけば、

次に白はA1と打たざるをえなくなり、黒はA2に打ち、

左辺をとって後は左下の7個空きでやりたい放題した上に最後手どまりが打てるようになる・・

はずです。

たとえば、こんな進行だと黒勝勢ですよね。

(参考例) 黒H3→白H7→黒H5→白H2→黒G2→白H1→黒G1→白A1→黒A2・・・


\ABCDEFGH
1+●●●●○++
2+●●●●○++
3○●●○●●●●
4○●●○○○●●
5○●○●●●●◆
6○○○○●○○●
7○+○○○○○○
8+++++○+○


        

\ABCDEFGH
1○○○○○○○○
2◆●●●●●●○
3○●○○●○●○
4○●●○○○●○
5○●○●●●●○
6○○○○●○○○
7○+○○○○○○
8+++++○+○



こんな感じの展開になって黒勝ちだと思い、僕はH3と打ちました。


F5D6C4G5C6D3E6B4F4F6E3C5G4D7B5C7C2E2C3F3A5A3B6E7G3A4A6A7H6B3G6C1D1D2B1F1B2H4F7F8G7F2E1H8H3\ABCDEFGH
1+●●●●○++
2+●●●●○++
3○●●○●●●◆
4○●●○●○●○
5○●○●○●○+
6○○○○●○●●
7○+○○○○○+
8+++++○+○


しかし、実はこの時点でまだ、非常にきわどい形勢だったのです。

(僕は全くそれに気付いてませんでした)

では、ここからコンピが打ってきた粘りの最善手順とは・・!?


次回に続きます\(^0^)/



>はなみさん

今回の記事はちょっと難しいところもあると思うので、(たぶん有段者向け。。)
数手先の構想まではいかなくても、
一手ごとにこう考えて打ってる、という風に理解してもらえば
OKだと思います><

実際、今回の記事では僕も少し見栄を張っている部分がなきにしもあらず・・ 謎


>自爆王さん

H4の時点ではそうだったのかもしれませんが、
完全読みに入ったコンピは最善手しか打たないので、次の応手が難しけど最善ではないH3を
打ってくることはありませんでした。


>アースさん

あ、一行ずつ改行を入れたのと、
一問一答形式をちょっとやめています><
一問一答形式はまた気が向いたら復活させます。


>ますたーさん

E1と当てる手は、E1→F1→F2→G1となると次に白に手が渡る上に、
中辺がまだらになるので黒はb2にも手ができる、ということで、
この白にとって手詰まりな状況で黒に2手得は致命的なんじゃないかと判断してました。
(だから深く先を読まなくてもいいかなーみたいな。)

f1の場合も、当て取らせさえすれば左辺ウィングをとれて黒必勝な形なのですが、
その筋が成立するかどうかは考えてみないと分からないと思ったので、
深く読むべきはf1の方なんじゃないかと思いました。

・・・とそこまで論理的にそのとき考えてたのかは正直書いてみて疑問ですが、
そのときの感覚的な判断の根拠は上のような感じだと思います><




スポンサーサイト

突然ですが自戦解説①

で、現実逃避その2ということで、

いきなりですが自戦解説を書きたいと思います。




題材は、さっき電車の中で行ったコブラの10分持ちの有能コンピ戦で、

我ながらこれはなかなかうまく打てた、というか、

場面ごとに構想を持って打ち進められたと思ったので、

取り上げてみることにしました。




さて、有能コンピというのは、コブラユーザーならご存知かと思いますが、

コブラに常駐している、対人対戦用のコンピューターです。

スタイルは、序盤で-4~6ぐらいの変な手を打ってきて、

そこから逆転を目指して全力を (7手読みぐらいで、少なくとも終盤18手は完全読みだと思います)

出してくる感じです。

本人が逆転したと思ったら、今度は逆転されない程度にまた緩手を打ってくれたりもするのですが、

今回取り上げる試合では、32手目ぐらいまで僕 (黒でした) が無難に打ち進め、

若干のリードを保ったまま終盤にさしかかろうとしています。




で、まずその32手目、白の有能コンピがC1を打った場面が以下
(と、参考までにそれまでの棋譜)

F5D6C4G5C6D3E6B4F4F6E3C5G4D7B5C7C2E2C3F3A5A3B6E7G3A4A6A7H6B3G6C1
\ABCDEFGH
1++◇+++++
2++○+○+++
3○○○●●●●+
4○○○●●●●+
5○●○○○●●+
6○○○○○○●●
7○+○○○+++
8++++++++



この辺りまでは、正直あまり何も考えずに、単に優勢を形に残すように心がけて

打ち進めました。(10分持ちで、しかも終盤でミスが許されないコンピ戦なのでいたしかたないところ)

その結果、左辺と下側の形からして、ウィング攻めが成功しさえすれば

黒が勝勢になりそうな雰囲気にすることに成功しています。

ということで、この辺からが勝負だと思っていました。



この局面、まず第一感は、ナチュラルにF7に打つことでした。

で、その進行を大雑把に考えてみると、

黒F7→白D2→黒F1→白E1となって、次に黒はすぐにF2に着手できないので、

下側に着手しなければいけないことになり、残り時間的にやや面倒かなと思い

却下してしまいました。

が、実際にそうなった局面(参考図)を観てみると、黒はC8あたりに打っておけば

実戦よりも楽に黒が勝てそうだったので、ここら辺はあと一手深く

考えないといけない、と反省しました。


(参考図) ↓やはり黒F7→白D2→黒F1→白E1の進行なら黒が良い

\ABCDEFGH
1++○+◇●++
2++○○○+++
3○○○●○●●+
4○○●○○●●+
5○●○○○●●+
6○○○○○●●●
7○+○○○●++
8++++++++




が、上記の理由でこの進行を却下してしまった僕は、

次に黒D1と打つ手を考えました。(ゼブラ的にはD1とF7はどっちも黒優勢らしいです)

以下、黒D1→白D2→黒B1→白F1→黒B2→白F2→黒F7→白F8→黒G7

という流れが浮かびました。

これは、自分が深く読めるんだぜグヘヘ的なことを言いたいのではなく、

この流れになるのはちゃんと理由があって、だからこそ手順が浮かんだと思うので、

それについて説明します。



まず、黒D1→白D2→黒B1→白F1となった局面が下図


\ABCDEFGH
1+●●●+◇++
2++●○○+++
3○○○○●●●+
4○○○○●●●+
5○●○○○●●+
6○○○○○○●●
7○+○○○+++
8++++++++



ここまでは、必然的な流れだと思います。

で、ここで黒はウィング攻めをすべくB2かE1のどちらかに打とう、ってことに

なると思うのですが、E1の場合は、次に白A1となったときに、

Cラインが通ってるためすぐにA2に着手できません。

ということで、A2に着手するためには下側のどこかに打って種を作らないといけないのですが、

下側に黒が気持ちよく打てる場所がなく、(どこにうっても返したくない石が返ってしまう)

下側が黒くなった状態で黒がA2→A8とウィング攻めをしてもあまり美味しくない、ということで

E1は却下ということになります。

よって、この局面はB2に打つべき、ということになります。


\ABCDEFGH
1+●●●+○++
2+◆●○○+++
3○●○○●●●+
4○●○○●●●+
5○●○○○●●+
6○○○○○○●●
7○+○○○+++
8++++++++



ここで注意しないといけないことは、B2に打つことでB4の石が黒くなっていることです。

なぜそれに注意しなければならないのかというと、

黒B2→白F2となった局面で、黒がウィング攻めを続けるためE1に着手すると、

B4の黒の種石のせいでD2まで黒くなってしまい、E2もF2も黒くなってしまうので、

2列の中辺が一色になってしまいます。(参考図)

\ABCDEFGH
1+●●●◆○++
2+●●●●●++
3○●●○●○●+
4○●○○●○●+
5○●○○○○●+
6○○○○○○●●
7○+○○○+++
8++++++++


こうなって、白にA2と打たれてはジ・エンドなので、黒はB2に打ってB4を黒くした時点で、

あ、これはヤバイと気付くことになります。

では、こうならないためにどうするか、なのですが、

黒B2→白F1となった局面が下図


\ABCDEFGH
1+●●●+○++
2+●●○○◇++
3○●○○○○●+
4○●○○●○●+
5○●○○○○●+
6○○○○○○●●
7○+○○○+++
8++++++++



この局面だと、黒がE1に打ったときに、D2とE2の石が黒くなってしまうことは

もはや避けられそうにありません。

しかし、F2の石は、「もし仮にG3の石が白ければ」、黒がE1に打ったとしても

黒くなりません。

こうなると、白はA1と隅を取る手を打たなければ手詰まりになりそうで、もしそうなれば

黒はA2→A8と着手できて、勝勢、ということになりそうです。



そう考えると、次の三手が自然に浮かびます。

黒F7→白F8→黒G7ですね。


\ABCDEFGH
1+●●●+○++
2+●●○○○++
3○●●○○○●+
4○●●●●○●+
5○●○●●○●+
6○○○○●●●●
7○+○○○○◆+
8+++++○++



G7がホワイトライン通しになっているので、白は右側のどこかに着手せざるをえず、

その結果、G3を白くすることになりそうです。

で、黒はめでたくE1に着手することができ、

黒勝勢めでたしめでたし、と構想段階では考えていたのですが、

やはりそう甘くはありませんでした。


(以下、最初に更新したときから記述を訂正しました、手順前後で一つ重要な局面が
抜けていたので><)



ということで、長くなってしまいましたが、実戦でもこの手順を採用し、

黒D1→白D2→黒B1→白F1→黒B2まで構想通りに進みました。


F5D6C4G5C6D3E6B4F4F6E3C5G4D7B5C7C2E2C3F3A5A3B6E7G3A4A6A7H6B3G6C1D1D2B1F1B2
\ABCDEFGH
1+●●●+○++
2+◆●○○+++
3○●○○●●●+
4○●○○●●●+
5○●○○○●●+
6○○○○○○●●
7○+○○○+++
8++++++++




しかし、次に、コンピは前述した展開を嫌ったのか、H4と打ってきました。


F5D6C4G5C6D3E6B4F4F6E3C5G4D7B5C7C2E2C3F3A5A3B6E7G3A4A6A7H6B3G6C1D1D2B1F1B2H4
\ABCDEFGH
1+●●●+○++
2+●●○○+++
3○●○○●●●+
4○●○○○○○◇
5○●○○○●○+
6○○○○○○●●
7○+○○○+++
8++++++++



ここで、構想から外れて、黒H5→白H7→黒F7と打つ展開も考えたのですが、
(白は右上に打ちづらい展開になる)

しかしそれだと次に白E8と打たれた場合に黒は困る(参考図)と思いました。

(参考図) 黒H5→白H7→黒F7→白E8

\ABCDEFGH
1+●●●+○++
2+●●○○+++
3○●○○●●●+
4○●●○○●●○
5○●○●○●●○
6○○○○●●○○
7○+○○○○+○
8++++◇+++



よって、当初の構想とほぼ同じ形を目指すことにして、

黒F7→白F8(白はH5にすぐに打てないのがポイント)→黒G7という展開を採用しました。

ゼブラによれば、この判断は正しかったようです。

相変わらず、黒はE1に打つことを狙っています。


F5D6C4G5C6D3E6B4F4F6E3C5G4D7B5C7C2E2C3F3A5A3B6E7G3A4A6A7H6B3G6C1D1D2B1F1B2H4F7F8G7
\ABCDEFGH
1+●●●+○++
2+●●○○+++
3○●●○●●●+
4○●●●○○○○
5○●○●●○○+
6○○○○●●●●
7○+○○○○◆+
8+++++○++




この時点で残り2分半ぐらいです。

しかし、時間を使ってここまで持ってきた割には、これ、全然黒勝勢とは言いがたい

形なんですよね。

ということを、コンピは正確な打ちまわしによって僕に知らしめることになるのですが、

それについては次回に続くということで\(^0^)/






スパムブロック&書籍化!?

ご無沙汰してます。

毎度のパターンですが、ブログの更新=現実逃避したいとき ということで・・


まず、ブログに関する雑談的な話を2つ書きます。



まず、最近、卑猥なスパムコメント(迷惑コメント)がうっとうしかったのですが、

この前なかじまさんのブログにコメントをつけたときに、

数字の画像認証チェックがあったので、

同じようなのがFC2ブログにもないのかなーと探してみたところ、

やっぱりありました!

ということで、気付くの遅いよって感じですが、

早速その機能をつけてみました。

ということで、これからブログにコメントを頂くときには画像に書かれた変な数字を

入力していただくことになりますが、卑猥なコメント防止のためということで、

どうかご協力願います。




で、スパム防止のツールを探しにブログの管理画面を眺めていたところ、

妙な新機能を発見しました。

それは、「ブログの書籍化」という機能です。

パッと見、その機能を使えば、指定した記事を一括してPDF化して、

出版社に送信してくれるという、なんとも便利というかほんまかいななツールみたいです。

どれぐらいお金がかかるのかとか、誰でも書籍化できるのかとか詳しいことは

まだ読んでないので分からないのですが、

こんな機能があるということは、このブログの書籍化も近い!?!?とか

妄想してしまいました。



とはいうものの、もうこれまで作ってきた99問は時代遅れな気がするので、

たとえ書籍化したくなるような状況になっても、

(たとえば万が一、何かの間違いで○○チャンプになってしまったときとか)

もう今までのストックは問題集にならなそうだな~とか思う

今日この頃です。



>しぶしょさん

いっぱい大会に出てるとレートが上下するのは仕方ないですよね。
でも1回到達したレートなら、きっとまた復活できると思います\(^0^)/

昨日はヤフーで対戦どうもでした、おひどくいじめられてしまいましたね><


>DNさん

むしろ、そのためにあるツールなんですよきっと\(^0^)/


>いわたさん

おつかれさまです。
非公式連盟レーティング、いっぱい大会に出てる人には大好評ですよ!
特に何が良いかというと、仮に更新が間に合っていなくても、
確認したい人は自分で結果を入力して自己満足できるというところだと思います。







色々

他大との合同社会調査実習の打ち合わせが思うように進まず、
オセロやブログに現実逃避したくなる今日この頃です。

(天性の才能としてタイミングの悪さを抱えている僕には、重要な打ち合わせが
急な相手の事情によって流れてしまうとかそういうことが日常茶飯事だったり・・)


ということで以下は雑記


①連盟レートについて

自分にとってかなり素晴らしいタイミングでレートが更新されてしまいました。
このように短期間で、かつ自分が更新して欲しいときにレートが更新されると、
改めてレート更新者の偉大さを感じるというか、いつにもまして感謝してしまいます。

で、このレートの更新間隔の話なのですが、
おそらくほぼ一人のボランティアに任せっきりな現状で
更新間隔を早めてくれというのはあまりにも的外れな議論だと僕は思います。

(たとえばオサボリな自分のケースだと、
最近になって近畿オセロクラブの更新も受け持つことになったのですが、
その結果UPの作業ですらまだちゃんと進んでません、これからやらないといけません反省
ましてレートの更新作業となれば、それとは比較にならない労力がいる気がします)

ただ、レートの更新間隔を短くすることが選手のモチベーションUPや大会の盛り上がりに
繋がるというのも確かですよね。


となると、考えるべきことは、いかに現在のレート更新システム
(おそらくほぼ一人のボランティア担当者にまかせっきりなシステム)を変えて、
それによってレートの更新間隔を早めるか、という点になってくるはずで、
真っ先に思い浮かぶのがレートの自動処理システムでしょう。

たとえば、大会結果の投稿者が、結果の投稿と同時にレートの計算システムに
データを入力することで、レート表が順次更新されてゆくシステム等。

と、素人的な自分の発想ではこうなるのですが、有識者に尋ねると、
このシステムの構築は難しい、という答えが返ってきます。

どうも、複数の投稿者が、システムにデータを入力することに困難があるそうです。
現在でも、書面やHPに氏名の記入ミスがあるのに、
たとえばデータ入力時に新規プレイヤーの名前を記入し間違えたり、
それによって同じ人がデータ上に二人存在することになってしまったりするなど、
人間的に十分考えられるミスが記入時に生じるだけで、
全体が狂ってしまう。
また、ミスではなくとも、少なくとも10人は超えるであろう結果投稿者のデータ入力の形式を
全て合わせるだけでも骨なんだろうなぁと思います。

と、以上の話は色んな人からの教えを素人的にまとめただけなので、間違えがあれば
直ちに指摘して頂きたいのですが、
つまり連盟レートの自動処理システムの構築は僕らが考えてるよりもずっと
難しい、ということは確かなんだろうな、と思います。
(簡単なら、もうとっくにできているはずですしね)


となると、もし仮にレートの自動処理システムを作ることが当面のあいだ無理だとするならば、
一体どうすればよいのでしょうか。
僕の貧しい発想では画期的な案が浮かんでくるわけもないのですが、
元も子もない案として思いつくのは、次のようなものです。

もっと暇な人(大学生とか)に、ごく最低限の賃金を払って、
アルバイト感覚で更新してもらう。

とかはどうでしょうか?笑
もちろん、その「暇な人」は、相応のプログラミング等の知識を持っていることが必要ですが、
意外と探したら候補者はいるんじゃないかとか思ったり。
全部ではなくとも、その人が協力するとか。

しかし、こんなことを書くと、真っ先に「そこの履物がやればいいじゃん」という声が
飛んできそうで、
いやー僕は院生で研究が忙しくて、とか既に近畿のHPの更新作業が・・とか、
苦しい言い訳をすることになりそうですので、ここら辺で止めておくことにします><


誰かがやってくれる、と思われがちなことを誰がやるか真剣に考えることは、
難しいですよね。



②問題#100について

ずっと問題の更新が止まっていて、「すりっぱと次の一手」というタイトルが泣いてしまいそうな
状況なのですが、
更新する時間とモチベーションが無いということも去ることながら、
100問目はある程度メモリアルな対局から出題したい、というひそかな
願望がありまして・・・。

候補としては、まず京都OP決勝の一手があるのですが、どうも機を逸した感が否めませんよね、
もう四ヶ月前の話ですし><

むしろ一番よさげなのは王座戦の決勝で逃したワンチャンスの局面な気がするのですが、
それに関してはオセロニュースに載りそうなので、まだここには書いてはいけないと思ったり。
もしオセロニュースでそれについての記事がなければ、
問題#100としてその局面を紹介したいと思います('-')ノ



たくさんのお祝いコメント、ありがとうございました。
次こそはもっとお祝いしやすい結果をブログに書きたいものですな。
(前回全日本4位と今回の周期から考えて、少なくともあと2年は無さそうですが・・)


>みみさん
ありがとう。
たしかに、関西のあの世代の生き残りというか死に損無いとしての自覚は
全国大会での頑張りのモチベーションになってますね。
最近目覚ましい活躍を見せる新世代にくらいついていくのは大変なのですが><

ということで、僕だけでは心許ないので、みんな復活しましょう。
優勝お祝いコメントは、上にも書いたように向こう2年は全国大会で勝てないと思うので、
誰かが代わりに活躍して欲しいもんですな・・


>虹色さん
ありがとうございます。
オセロもよくわかってないですが、愛については更に分かってないですが・・><


>自爆王さん
たしかに、なるほど、と思いました。
決勝2回目だと、前回負けていることに加えて、勝たなければ、というプレッシャーが
かかるので、緊張しそうですね。
キャラ的に僕はまたコケてしまいそうです。。


>こしあんさん
ありがとうございます(・e.・)
いやーしつこいようですが次は当分こないんじゃないかと・・・
全国大会での活躍はきっかけ一つというか運によるところが大きいと思うので、
こしあんさんもきっともうすぐだと思います\(^0^)/


>あさきさんさん
いやー七段はもうしばらく先・・ってもうしつこいね 謎
もちろん、早く持って帰れるように頑張りますが><
それまでにあさきさんに倒されないように頑張ります。

別件については、新展開っすね。


>桔梗様
ありがとうございます。
でもその前に、とりあえず石垣島に旅立とうかな・・・(o) 


>cdx21jpさん
ありがとうございます。

いやーあの記述は、確実に僕以外の二人を指しての話だと当時は解釈したのですが。笑
今回思ったことは、決勝まで行くにはかなりの運が必要、ということですね・・
(少なくともいまの僕の棋力では。。)

年内はもう東京に行けそうにないのですよね、
臨時収入と臨時休養みたいなのが同時に入れば行けるかもしれませんが。
その場合は狙いはやはりスーパーリーグでしょうか、ちと出るのが怖いですが。
品川ニューイヤーズが来年もあるなら、それには行ってみたいですね\(^0^)/


>すなさん
ありがとうございます。

いやいや、ちゃんと起きてくれたので全く不満はないです、
泊めて頂きありがとうございました\(^0^)/

全国大会での活躍は運によるところがデカいので、しつこく出てればそのうち。



プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。