スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王座戦 後編

ちょっと別件で凹み中ですが、
気をとりなおして(謎)、王座戦の話後編を書きたいと思います。


4回戦まで全勝だったので、王座戦の優勝を狙うことにしました。


・・・と思った矢先、五回戦で為則九段と当たってしまいました。笑

ということで、この日一番の緊張を抱えつつ、為則さんとの対局に臨みました。
中盤で優勢になることができたのですが、
前回は中盤で優勢から逆転されてしまっているので、
今回は最深の注意を払って打ち進め、そのまま勝ちきることができました。


5回戦で一山越えたせいか、6~7回戦はなぜか緊張しなかったです。
(それが良かったのか悪かったのかは別として。。)

さて、メジャー大会の準決勝(王座戦はトーナメントではないですが、あと2回勝てば優勝の人がその時点で四人いたので)からは、僕にとって未知の領域です。
前回全日本で4位だったときは、新オセロ方式のベスト8の時点で負けているからです。

ということで、6回戦はこれまでにない最高の集中力で望むことができました。
しかも、その直前に為則さん戦を経験したせいか、不思議に心も穏やかで、
このゲームはこれまででも最高のコンディションだったかもしれません。


・・・が、しかし、当たり前ですが相手が強いので、そんなコンディションでも当然
盤面は苦しくなりますΣ( ̄□ ̄;)
以下の局面で、決断を迫られました。

\ABCDEFGH
1+++●●●++
2+++●●○++
3●+●●○●○○
4+●●○●●●○
5++●●○●○○
6○○○○●●○○
7+++○○○++
8++++◇+++


白は下辺から引っ張って黒をおいつめる構想です。
ここで僕は、二手前から考えていた手を打つか迷いました。
日頃の練習ではともかく、実戦で、しかもこの場面で打つには勇気がいる手だったので、
他に安全そうな展開を探すべきか、とも思ったのですが、
後で後悔したくないと思い、予定通りb7に打ちました。

\ABCDEFGH
1+++●●●++
2+++●●○++
3●+●●○●○○
4+●●○●●●○
5++●●○●○○
6○○●○●●○○
7+◆+○○○++
8++++○+++


この手が良かったのか悪かったのかはいまいちよく分からないのですが、
(ゼブラいわくこの時点で互角ぐらいらしいのですが)
自分にとって分かりやすい形になったことは確かで、
この後間違えることなく勝ちきることができました。


6回戦は、自分にとって生涯屈指の好ゲームだったと思うのですが、
(それを王座戦の準決勝にもってこれたことは幸運以外の何ものでもないですが)
やっぱりこのままうまくいくほど世の中甘くありませんでした。笑

ということで、決勝へ・・・


ずっと目標だったメジャー大会の決勝戦です。
この舞台に上がると絶対に緊張するだろうなと思っていたのですが、
なぜかほとんど緊張しませんでした。
(・・・と、他の決勝経験者からもよく聞くのは気のせいでしょうか)

全日本や名人戦と異なり、別室での対局ではなかった、というのもあるかもしれませんね。
なので、自分にとってはむしろ京都OPの決勝に近いような感覚でした。
今年は、全日本も別室ではなかったですが、あれは別室ではなかったからこそむしろ良かった
気がしますね、結果的に。
今回はというと、観戦して頂いた方の判断に任せるしかないのですが、
うーん、もうちょっと自分がたくましく打てればより良いゲームになったかな、とか思ったり・・
(相手の滝沢八段がさすがの打ちまわしだっただけに。)


ということで、決勝の滝沢八段戦ですが、
序盤戦を制したのは、(勝負手を打つことに成功した)滝沢八段でした。
僕は、序盤・中盤・終盤のどこかで大胆な手を打って、
自分のペースに持ち込んで試合を展開するのが得意なのですが、
この試合では滝沢さんはその点で明らかに自分よりも上を行っていて、
最後まで僕にペースを渡すことはありませんでした。

ということで、中盤にかけて、防戦一方になります。
そこは何とか踏ん張ることができたのですが、
そこで激しく時間と精神力を消耗したせいで、終盤に訪れたワンチャンスを
チャンスとして感じることすらできず、最後は簡明に終局しました。
序盤から大胆な構想で打ち進めた滝沢さんと、終盤のワンチャンスをチャンスとして感じる
ことさえできなかった自分との実力差は明白で、完敗だったと思います。

(決勝については、オセロニュースに詳細が載るかもしれないので、詳しくはそっちをということで)



ってな感じで、王座戦は決勝に進出するも、優勝することができずに準優勝という結果でした。
決勝でポカすることなくきちんと負けたので、後悔することなく終えることができたと思います。

世界戦に関しては、自分にはまだその実力が無いと思っているので、
(あと、世界戦は自分にとってボーナスステージというか隠しダンジョンのような位置づけで、
目標はやっぱり日本のメジャー大会を優勝することだったので)
出場を逃したことは全く自然なことでした。

ただ、残念なことは、
近畿に七段を持って帰って、これまでお世話になったたくさんの人たちに報告することが
できなかったことですね、これにつきます。
いつもお世話になっている近畿の運営の方や、一緒に大会でオセロを打っていたプレイヤー、
ネットオセロの友達、はたまた自分のオセロを応援してくれていた(?)大学の非オセロな友達
など、感謝すべき人は山ほどいるのに、僕はそういうのを表すのが下手くそなので、
やっぱりちゃんと結果を持って帰らなあかんな、と思っているので。


もちろん、これで終わったわけではないので、
いつか京都例会に錦を飾るべく(謎)、頑張りますので、
(その割にすぐオセロ止めるとか言いますが、どうか温かい目で)
これからもよろしくお願いします。


・・・てな感じで、激しく自分視点な参戦記になってしまいましたが、こんなところで・・・



ブログやコブラの日記に、たくさんのお祝いコメントありがとうございます。
準優勝なので、非常に微妙な心境なのですが、こうやってお声をかけて頂くことは
嬉しい限りです。


>くじらさん

いやーあの試合は完全に拾ったゲームでしたからね、
決勝とかに行けるときはきっとそういうのが一個はあるんだろうなぁ・・

くじらさんの強さの秘密は、きっとみんなが知りたがっているところでしょう(・e.・)


>とむさん
ご無沙汰してます、お体の方は(?)大丈夫でしょうか。
僕も去年の全日本は1勝4敗1不戦勝でした。。
まだ対戦はないですね、当たらない人とはなかなか当たらなかったりしますよね。
なのに、一度当たりだしたら連続で当たるようになったり。
初対戦のときは、殺戮されないように頑張ります。


>かんぶりさん
ありがとうございます。
あのときの全日本以来のスパークでした。。
次元が違うとかとんでもないです。
次回対戦するときは、また一つ増えてしまった段位のプレッシャーによって
僕も空回りすることと思われますが、よろしくお願いします。
(ちなみに、昇段費を払うかはまだ未定だったり・・><)


>虹色さん
えええ  で、では何で対戦することにしましょう?('-';)


>渋しょさん
ありがとうございます、
渋しょさんも、地区対抗戦のチーム&個人優勝の二冠おめでとうございます。

会話の殆どが個人賞を逃した僕の嘆きだった気がするので、
今度は対戦してオセロの話がしたいですね。笑
いやでも、見てて勝てる気がしないので対戦が怖いですが・・

スポンサーサイト

王座戦&地区対抗戦

先週末は、王座戦&地区対抗戦に参加しました。

当初の目的は地区対抗戦に参戦することで、
王座戦はせっかく関東に行くんだからついでに・・みたいな感じの
ノリだったのですが、
なぜこのような書き順になるかといえば、きっと王座戦の感想の方を
求められてるんだろうな、ということで分かりやすいタイトルにしたかったからです。


まず、地区対抗戦についてなのですが、
準々決勝で優勝した川越チームに敗れました><

去年も同じぐらいの段階で負けてしまったので、雪辱を期していたのですが、
チーム成績2-3で2石負けが二戦あったことを考えると、
今回もやや運が無かったかな、という感じですね。
やっぱりチーム戦は個人戦とは違った難しさ&楽しさがあります。

わしさんのブログでの前日分析をうけて、
神奈川チームと打つ気マンマンだったのですが、
代わりに川越チームが決勝で神奈川をやっつけてくれたので、一安心(?)でした。
(優勝候補が優勝できないという地区対抗戦の伝統が守られました 謎)

個人的な成績は5勝1敗で、3番手トップ賞をゲットと思っていたら、
石差で及ばずに図書カード1000円を逃しました><
そのせいで、その後しばらく

「すりっぱさん、賞金はいくらだったんですか?」

とか、

「すりっぱさん、賞金でゴハン代出せばいいじゃないですか!」

と周りから、というかJ君から言われまくるハメになってしまいました。。
大人をいじめるのはよくないですね。

まぁそれはいいとして、個人成績もまずまずということで、
今回の遠征の目的は果たした、と思い、泊めて貰ったすなさんの家で
眠りにつきました。


で、次の日は、王座戦に出場しました。

ではでは、いつもと違って少し詳しく・・・ (いや別に優勝したわけではないですよ、念のため><)


1~2回戦、強敵に勝つことができて、ちょっと流れがきてるかなと思いつつ、
3回戦の組み合わせを見たら、またまた強敵の五段(格?)が相手でした。
もともとの力は言うまでもなく、さらに最近は勢いにも乗っている相手ということで、
正直全く勝てる気がしませんでしたが、
そしてやっぱり盤面も不利になったのですが、
粘って最後に逆転することができました。
6回戦でも思ったのですが、秒読みに入ると手が乱れるというか、
思考が変わってしまう気がしますね。
なので、秒読みで針落ちの危険はなくとも、時間攻めは未だに有効な戦略であると感じました。


さて、ここでお昼休憩です。

勝てると思ってなかった相手に勝てたので、
今日は流れがきているのかな、と思い始め、お昼ゴハンを抜こうかなと思ったのですが、
最近体質が変わってお腹がすくようになったので、お弁当を食べてしまいました。
今までは、ゴハンを食べたら集中が乱れるとか思い込んでいたのですが、
ここでゴハンをきちんと食べたのが後々スタミナが切れずに済んだ理由な気がしますね。
ということで、これから大会中はしっかりゴハンを食べようと思います。


で、お昼休憩を終えて、四回戦です。
思えばこの日は全試合組み合わせがキツかったです。

次の相手は、現学生チャンプにして、先日の全日本でも入賞した五段(格?)。
というか、くじら君です。 謎
実は、くじらさんが学生チャンプになったときの決勝の相手は僕で、
そのとき悔しい思いをいたので、今回はリベンジだと思って燃えました。

・・・が。

またまた形勢不利に・・ ><
しかも、一度互角に戻ったと思ったら、僕が悪手を打って敗勢に・・ ><

が、最後に僕が放った苦し紛れの一手が相手の間違いを誘ったのか、
最後の最後で逆転することができました。
この試合も残り時間がものをいった気がしましたね、やっぱり時間って大切です。
しかし、最後の結果を考えたら、ここで運を使いすぎたのかもしれません( ´_`)

ちなみにこの日、くじら君は全日本チャンプと準チャンプを倒していて、
流れがきているように見えたのですが、ここで僕なんぞに負けてしまったせいで、
彼は馬群に飲まれていきました・・・(by くじら君のコブラ日記)
(でも、彼の後の当たりを見ると、とても馬群に飲まれたようには見えない・・・><)


ここまで四連勝で、この辺から優勝を目指すことにしました。

ということで、次回に続きます。(大会参戦記って書いてたら疲れますな)








京都例会会場変更のお知らせ

毎度のことながらご無沙汰してます。
全日本後は忙しくて更新する時間がとれませんでした。。
前々からの話は時間を見つけて続きを書いていけたら・・と思います。

さて、
毎月第2日曜日に行われている京都例会ですが、
今月8月10日の例会より会場が変更になります。

新しい会場はSTUDIO909です!
(去年と今年の京都OPの打ち上げで使われたところです)


新しい会場の利点は、なんといっても駅から近くなったことですね。
徒歩5~6分ということで、今までよりもグっとアクセスしやすくなったと思いますので、
毎月第2日曜は是非京都例会へお越し下さい!

今月はなんとか参加できるように僕も頑張ろう・・

プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。