スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題#92 と ハッピーエンドの話①

まずは本日の問題から('-')


[終盤問題/黒番/難易度B]

\ABCDEFGH
1+●●●●●●●
2+○○●○○○○
3+○○○○○●○
4+●○○●○●●
5+○●○○○●+
6○○●●●○○○
7++●●●○◇+
8+++++○++


今回からたまに、形勢判断も一緒に問題にする回を作りたいと思います。
ということで、この局面での黒の最善手と、この局面の形勢
(白が優勢か、黒が優勢か、またどれぐらい優勢で、さらに読める方は何石差ぐらいで
勝ってそうか)
を考えてみて下さい\(^0^)/


ちなみに、こんな感じで形勢判断と最善手探しを同時に要求するのは、
実はハッピーエンドの問題と同じ形式ですね(ハッピーエンド=オセロの終盤練習ソフト)。

ハッピーエンドの長所としてよく言われるのは、
負け局面も混じってるので、自分で形勢判断をしないといけないことです。
これがなぜ良いかというと、
「こういう形だと負けてしまうので、こういう形にしてはいけない」という発想が生まれ、
実戦で読んでるときに、負ける形を切り捨てることができるからだと思います。
で、ハッピーエンドでは形勢が隠されてて分からないので、自分でそれを考えることで、
その形の良し悪しが印象に残りやすいのもポイントですね\(^0^)/

ただ、そういう目的でハッピーエンドを使いたくない、
優勢を維持する練習だけを今は徹底的にやりたい(それが下手な僕のように 謎)
ような場合は、実はオプションで、勝ち局面だけが問題として出てくるように
設定することもできます。
他にもハッピーエンドのオプションは充実しているようで、
何石差以内の局面が出てくるようにするか(たとえば10石差以内とかにすると接戦の
局面ばっかり練習できます)、
何個空きを練習するか(最大28個空きからできた気がします)
なども自分好みで設定できたりします。
また時間があるときに、ハッピーエンドの使い方について詳しく紹介しようと
思うので、続きはまたそのときに('-')



>あずぽさん
リクエストありがとうございます('-')
ときどき同じ指摘を頂くんですが、
棋譜を載せてないのは一応意図的だったりします。
載せない理由は、序盤がバレるのが嫌・・・というのもあるんですが、
それよりも、なにぶん僕はまだ安定して良い棋譜を残せるほど強くないので、
ショボイ棋譜を載せるのが恥ずかしい・見る人の参考にならない、
というのが一番大きいです\(^0^)/

ただ最近は、やっぱりオセロのブログとして棋譜と棋譜解説のコーナーは
あった方が良いとも思うので、(村上さんのブログを読んでると特にそう思うのですが)
載せるかどうか一度検討しますね~。


スポンサーサイト

問題#91の答え

更新が遅くなってしまい申し訳ありません。
前回の問題の解答ですが、白B6!→黒C7→白A2!→黒A7→白B2
いわゆる詰みになります。(つまり白大勝です)

最初に、一手目のB6についてですが(下図)、この手にはいくつかの意図があります。
まず、E3の黒石を白くする。これで、黒はC1に打てない上に、
次の白A2の布石にもなっています。
次に、D4の石を白くして、ホワイトラインを白一色にする。
(黒C7のときにナナメが返らないので、ホワイトラインの白一色はキープできます)

\ABCDEFGH
1+●+○○○○+
2++●○○○+○
3+●○○○○○○
4●●●○●○○○
5○●○○○●○○
6○◇○○○○○○
7+++●○○+○
8+○○○○○++


で、黒はC7が必然手となりますが・・・(下図)

\ABCDEFGH
1+●+○○○○+
2++●○○○+○
3+●○○○○○○
4●●●○●○○○
5○●●○○●○○
6○○●○○○○○
7++◆●○○+○
8+○○○○○++
ここで白A3と打ってしまうと、黒B7→白A8→黒A7→白B2→黒A2!で、
白はA1が指定打ちになり、
あとは黒がC1→H1→G2と連打できる必勝形になってしまいます(下図)。

\ABCDEFGH
1◇●+○○○○+
2○○○○○○+○
3○●○○○○○○
4○○●○●○○○
5○●○○○●○○
6○●○○○○○○
7○●●●○○+○
8○○○○○○++


この手順があるので、黒C7の後の局面は白A2の一手になります。

\ABCDEFGH
1+●+○○○○+
2◇+●○○○+○
3+○○○○○○○
4●●○○●○○○
5○●●○○●○○
6○○●○○○○○
7++●●○○+○
8+○○○○○++


3列が白一色なのが効いて、左上が黒が手をつけれない形になってしまい、
白必勝形になります\(^0^)/


今回のポイントは、白B6のように、C1への種を消す手の存在には注意を払うことと、
A2の手筋ですね。
白B6→黒C7→白A2の3手読みがパッてできる人は、強いと思います。
(僕には難しいです)


近況報告:
卒業に必要な単位取得が完了し、卒論もあとは微調整して出すだけになりました。
あとは未来への扉を開くために(謎)、院試に受かるだけです。
オセロばっかしてないで頑張ります\(^0^)/

・・・でも最近大会に出てないので寂しいですね・・・


でっぱさん、あーすさん、通りすがりさん、コメントありがとうございました('-')
みなさん正解ですね\(^0^)/


問題#91

100問目も見えてきたことですし、
時間を見つけて積極的にブログ更新していきたいです\(^0^)/


では、今日の問題です。

まず、そこに至るまでの経緯をみてみましょう。

\ABCDEFGH
1+●+○○○○+
2++●○○●+○
3+○○○●○○○
4+○○○●○○○
5○○●○○●○○
6◇+●●●○○○
7+++●○○+○
8+○○○○○++


僕が黒だったんですが、何気なく着手したA4が大悪手でした。
というのも、以下の局面で白の絶妙手順が存在するからです。
ではここからが問題です\(^0^)/ (どっかのクイズ番組みたいですが・・・)


[終盤問題/白番/難易度?]

\ABCDEFGH
1+●+○○○○+
2++●○○●+○
3+●○○●○○○
4◆●●●●○○○
5○●●○○●○○
6○+●●●○○○
7+++●○○+○
8+○○○○○++


黒のA4を咎める白の絶妙手順を考えてみて下さい('-')
ではコメントお待ちしてます。

問題#90の答え

更新が不定期にもかかわらず、たくさんのコメント
ありがとうございます\(^0^)/

昨日、論文がひと段落したので、今日は安息日です(・e.・)


さて、前回の問題の答えですが、
初手はC1に打つのが正解になります('-')

\ABCDEFGH
1●+◇+○●++
2+●○○●+○○
3●●●●○○○○
4●●●●○●●○
5●●○○●●●○
6+●○○○●●○
7++○○○○●○
8+○○○○○++



その後の黒の応手は、F2、B1、D1の3パターンが考えられるので、
順番に見ていきましょう。

まず、黒F2の場合は、白D1でブラックラインを再び白一色にすることができるので
簡明な白勝ち形勢になります(下図)。

\ABCDEFGH
1●+○◇○●++
2+●○○○●○○
3●●●●●○○○
4●●●●○●○○
5●●○○●●●○
6+●○○○●●○
7++○○○○●○
8+○○○○○++



次に、白C1に対して黒B1ときた場合は・・・(下図)

\ABCDEFGH
1●◆○+○●++
2+●●○●+○○
3●●●●○○○○
4●●●●○●●○
5●●○○●●●○
6+●○○○●●○
7++○○○○●○
8+○○○○○++


白A2と打てば、次に黒D1の場合は白F2、黒F2の場合は白D1となる
やはりブラックラインが白一色になり、さっきの場合と同様に白勝勢になります(下図)。

\ABCDEFGH
1●●○+○●++
2◇○○○●+○○
3●○●●○○○○
4●●○●○●●○
5●●○○●●●○
6+●○○○●●○
7++○○○○●○
8+○○○○○++



で、問題は白C1に対して、黒D1と応じられた場合です。(下図)
この場合、ホワイトラインはきられてしまうのですが・・・

\ABCDEFGH
1●+○◆●●++
2+●●●●+○○
3●●●●○○○○
4●●●●○●●○
5●●○○●●●○
6+●○○○●●○
7++○○○○●○
8+○○○○○++


ここで白B1が好手になります。
以下、黒F2→白A2→黒H1と進行し・・・(下図)

\ABCDEFGH
1●○○●●●+◆
2○○○●●●●○
3●○●○●●○○
4●●○●○●●○
5●●○○●●●○
6+●○○○●●○
7++○○○○●○
8+○○○○○++



G1が余裕手になっているおかげで、白はH8に先着でき、
右辺を守ってかつ偶数理論をキープできます。

以下、白H8→黒G8→白G1→黒A8→白B7→黒A7→白A6で危なげなく
白が勝つことができます。


まだまだ3級さん、ケミンさん、山川君、asai_torasanさん、渋しょさん、
虹色さん、アースさん、コメントありがとうございました\(^0^)/

>アースさん
人生相談・・?><
大丈夫です、まだまだ若いんだから・・・('-')

>しんさん
いえいえ、地区対抗戦以来の生オセロになると思うので
とても楽しみです\(^0^)/
今回も頑張ります('-')

>みみさん
(o) 

問題#90 と 岐阜ターミナルOP

前回の記事で関東大王戦に参加できないと書きましたが、
実は前々からその一週間後の岐阜ターミナルOPとどちらに
参加をしようか迷っていたので、関東大王戦に参加できないとなると、
迷う必要がなくなりました('-')ノ

ということで、2月16日(だったはずなのですが)、岐阜ターミナルOPに
今年も参戦します\(^0^)/
(個人的にとても好きな大会なので、三年連続)

ただ、そのときはもう院試を終えた後なので、
みなさんに人生相談をしなきゃいけない状況かもしれませんが、
そうならないように頑張ります・・・。


さて、記念すべき(?)90個目の問題はこちら。

[終盤問題/白番/難易度B]


\ABCDEFGH
1●+++○◆++
2+●○●●+○○
3●●●●○○○○
4●●●●○●●○
5●●○○●●●○
6+●○○○●●○
7++○○○○●○
8+○○○○○++


白の最善手と、その後の展開を考えてみて下さい。
難易度Bとしましたが、形が複雑で、しかも場合分けも多いので
なかなか骨かもしれません。

ではコメントお待ちしております('-')ノ





問題#89の答え と 関東大王戦

関東大王戦の日にちが発表されてましたが、
院試の一日前なので参加できません 笑
出場したかったので残念ですが、出場される方は頑張って下さいね\(^0^)/


あと、連盟のお知らせに、オセロニュースの訂正がでてましたが、
あの部分の原稿を担当していたのは僕なので、あの間違いは僕のせいです。
不注意で申し訳ありませんでした、以後気をつけます。


さて、前回の問題の答えですが、
今回は一本道で、黒G2→白H1→黒G1→白H8→黒B7!→白A8→黒G8
→白B8→黒G7
で、次に白はB1に強制になります。
ポイントは、黒B7を見つけることですね、その局面を見てみましょう。

\ABCDEFGH
1++●○○●●○
2++○○○●●○
3○○○●○○●○
4+○●○○●○○
5+○○○●●○○
6○○○●●○○○
7++●●○○+○
8++○○○○+◇


黒G2→白H1→黒G1→白H8までの局面ですが、ここで黒B7→白A8の交換をすることで、
次に黒がG8→B8とするときにB列の中辺が返らず、
A7が黒の余裕手になって・・・という仕組みです。(下図)

\ABCDEFGH
1++●○○●●○
2++○○○●○○
3○○○●○○●○
4+○●○○●○○
5+○○○●●○○
6○○○●●○○○
7+○●●○●+○
8○+○○○○◆○


で、あとは下を黒白黒とうてば、あとは白はB1に打つしかなくなり、
黒の完勝譜になります\(^0^)/

\ABCDEFGH
1+◇○○○●●○
2++○○○●●○
3○○○●○○●○
4+○●○○○●○
5+○○○○●●○
6○○○○●○●○
7+○○●○●●○
8○○○○○○●○



あと、余談ですが、年が明けたのでブログの模様替えをしました('-')
僕の好きな作者さんのデザインなんですが、
最近使ってたデザインの中では、盤面と記事が最も見やすいと思うので
当分はこれで大丈夫かなと思います\(^0^)/
今までは横3列でしたが、2列もスッキリして見やすくて良いですね。
さらに、僕は宇宙が好きですしね、これが大きいです。


>かのーんさん
正解です\(^0^)/
この試合は僕が白だったんですが、この展開で偶数理論が破られることには
全く気付きませんでした。
詰めオセロって感じだよね~('-')

問題#88と明けまして~

明けましておめでとうございます。
進路が決まるまでブログの更新は不定期になると思いますが
たまに問題が上がっていたら答えを書いていただければ嬉しいです('-')ノ


さて、今回のは問題というか、
よくでてきそうなこの形が実は黒が勝てるんだーというお話です。

[終盤問題/黒番/難易度B]

\ABCDEFGH
1++●◇○●++
2++○○○●+●
3○○○●○○●●
4+○●○●●○●
5+○○○●●○●
6○○○●●○○●
7++●●○○+●
8++○○○○++


偶数理論にはまって苦しそうに見えますが、
黒が勝てる手順を考えてみて下さい\(^0^)/

ではではコメントお待ちしております('-')ノ
プロフィール

すりっぱ

Author:すりっぱ
性別…♂
お住まい…京都
年齢…29
オセロ大会暦…11年
オセロの段位…六段

三大メジャー大会の最高成績
名人戦:3位
全日本選手権:4位
王座戦:準優勝
こう書くとあたかも強い人であるかのように
見える不思議
今年の目標はこの中のどれか一つを
更新することです。
…って書いとけばもうこのスペースを
毎年更新する必要もなさそうだ、と。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。